未分類

事業承継補助金【平成31年度・平成30年度補正・採択率・中小企業庁・事務局・コロナ・令和】

スポンサードリンク

事業承継補助金【平成31年度・平成30年度補正・採択率・中小企業庁・事務局・コロナ・令和】

令和2年は新型コロナウイルス拡大の影響を受けた企業は多かったでしょう。

事業承継補助金を知っておくと、一部の経費を補助してもらえる可能性があります。

 

スポンサードリンク

事業承継補助金とは?

 

事業承継補助金とは何かご存知でしょうか?

 

事業継承に伴って投資するなら、その経費を補助しますよというのが、「事業承継補助金」です。

 

もらえる金額は最大500万円までです。

 

事業承継補助金には経営者交付タイプと、M&Aタイプの2種類あります。

 

事業承継補助金を申請するには、税理士の許可が必要です。

 

 

事業承継補助金を申請すれば必ず事業承継補助金がもらえる?

 

はじめの平成29年度の募集では、応募数517社のうち65社しか補助金を受けられません。

 

採択率は約13%という低い確率です。

 

このように低い確率なら、事業承継補助金を申請しても通らないのでは?と思うでしょう。

補助金全体の金額は11億円です。

 

平成30年度の一次応募の採択率は、481件の応募に対して374件と約78%まで上がっています。

 

2次応募では、273件の応募について224件と約82%に上昇しています。

補助金全体の金額は、M&Aタイプと合計で50億以上にもなります。

 

国の事業承継に対する意気込みも感じるでしょう。

 

事業承継に伴い、新たな取り組みを計画するなら、平成31年度の募集の行方を確かめておくといいですね。

 

スポンサードリンク

平成31年度の事業承継補助金募集

 

事業承継補助金とは、事業継続が難しいと見込まれている中小企業者が、経営者の交代や、事業再編、事業統合をきっかけに経営革新をおこなう時、その取り組みに要する経費の一部を補助することです。

中小企業者の世代交代を通じた日本経済の活性化を図ること目的としています。

 

補助金をはじめ中小企業支援施策情報は、中小企業の経営者にとって役立つ情報です。

 

国や地方自治体は、そのような中小企業支援策を率先しておこなっているんですよね。

 

告知の仕方が下手なのもあり、ほとんどの経営者がその存在を知りません。

 

中小企業支援策の情報を継続的に伝えられれば、多くの見込み客を獲得するのも難しくないでしょう。

 

スポンサードリンク

平成30年度補正の内容

 

https://www.shokei-hojo.jp/h30/

 

2019年から申請受付をした結果、申請総数は329件でした。

 

外部審査委員会による厳格な審査をおこない、135件が交付決定となりました。

 

交付規定第12条の規定による交付決定取り下げ届が、2019年9月14日までに1件ありました。

 

交付決定の一覧を134件に更新したのです。

 

事業継承をきっかけとして、経営革新や事業転換する中小企業をサポートする事業承継補助金というシステムがあります。

 

補助金額は最大で1200万円ですが、条件が複雑で、さまざまな資料を準備しなければなりません。

申請に必要なポイントも知っておきましょう。

 

事業承継補助金は、最大で1200万円の補助金を受けられます。

 

中小企業の後継者にとっては、メリットもあります。

事業承継やM&Aをきっかけにして、新商品の開発や生産ラインの見直しができる費用も対象です。

 

後継者不足で廃業する中小企業が増えていますが、経営革新に取り組む後継者をサポートするのが目的です。

 

2017年に創設され、最近では毎年公募されています。

 

もちろん2020年現在も公募しています。

 

スポンサードリンク

事業承継補助金の事務局に問い合わせたい時

 

事業承継補助金の事務局は、東京都中央区銀座にあります。

 

03-6264-3031

 

です。

スポンサードリンク

-未分類

error: Content is protected !!

Copyright© 今日の検索ちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.