クリストフジーンの経歴や出身国籍は?大坂なおみの契約書にサインはしていたのか?

クリストフジーンさんといえば、大坂なおみ選手に対して過去にテニスを教えた際の契約から賞金の20%を渡すように訴訟を起こしている人物。

そんなクリストフジーンさんって一体何者?

 

クリストフジーンさんの経歴や出身国籍は?

本当にクリストフジーンさんは、大坂なおみ選手の賞金を永久に20%受け取る契約をしていたのか?

 

今回は、そんなクリストフジーンさんの謎についてお伝えしていきます!

スポンサードリンク

クリストフジーンの経歴や出身国籍は?

クリストフジーンさんの経歴や出身国籍についてご紹介していきましょう。

クリストフジーンさんの経歴としては、元々はプロのテニスプレイヤーだったそうです。

 

その後のクリストフジーンさんの経歴はテニスコーチ。

つまり、クリストフジーンさんはハイチでテニスコーチをしていたんですね。

 

そんな中で、大坂なおみ選手のお父さんに、クリストフジーンさんは大阪なおみ選手のコーチを頼まれたのだとか・・・。

そのため、クリストフジーンさんの経歴としては、大坂なおみ選手のテニスコーチとして箔がついたわけですね。

 

しかし、クリストフジーンさんが大坂なおみ選手のテニスコーチを勤めていたのは今から10年近く前の話。

そう、クリストフジーンさんが大坂なおみ選手のテニスコーチを務めていたのは、大坂なおみ選手が当時14歳くらいのこと。

 

その頃のクリストフジーンさんは、大坂なおみ選手の姉の大坂まりさんにも一緒にテニスを教えていたんだそうですよ。

そんなクリストフジーンさんの出身国籍はハイチ。

 

つまり、クリストフジーンさんの出身国籍は、大坂なおみ選手のお父さんと同じ出身国籍なんですね。

そんな縁もあって、大坂なおみ選手のお父さんはまだ小さかった大坂なおみ選手姉妹にテニスを教えてくれるよう、クリストフジーンさんにお願いしたようです。

 

しかし、約10年後にはクリストフジーンさんからこんな仕打ちに合うなんて・・・当時の大坂なおみ選手やそのお父さんは想像だにしていなかったでしょうね。

そんなクリストフジーンさんは、本当に大坂なおみさんとの契約書にサインをしていたのでしょうか?

スポンサードリンク

クリストフジーンは大坂なおみの契約書にサインをしていたの?

クリストフジーンさんは契約書にサインを本当にしていたの?

冒頭でもお伝えしたように、クリストフジーンさんは大坂なおみ選手の賞金の20%を永久に受け取る契約書にサインをしたと供述しています。

 

しかし、実際にクリストフジーンさんが大坂なおみ選手にテニスを教えていたのは、大坂なおみ選手がまだ子供のころの話。

そのため、大坂なおみ選手が直接クリストフジーンさんと契約をしてサインをしたとは考えにくいですよね。

 

でも、クリストフジーンさんもそう指摘されるのは分かっていたのでしょう。

クリストフジーンさんは、当時契約書にサインをしたのは責任者である大坂なおみ選手のお父さんだと話しています。

 

また、その頃の大坂なおみ選手のお父さんは、クリストフジーンさんにコーチの月謝を支払うことができなかったとのこと。

そのため、クリストフジーンさんと大坂なおみ選手のお父さんは、その後の賞金の20%を永久に受け取る契約書にサインをしたのだと主張しています。

 

しかし、たとえそのクリストフジーンさんの契約書のサインの話が本当だったとしても、その後永久に賞金の20%を支払うのはちょっと異常ですよね。

それに、大坂なおみ選手が世界ランク1位や大会優勝後のこのタイミングで声を挙げるのも、なんだか都合が良い出来過ぎた話と言わざるを得ません。

 

しかし、クリストフジーンさんは大坂なおみ選手のお父さんとサインを交わした契約書を証拠として持っていると主張しているんですね。

実際に、クリストフジーンさんが主張する契約書のサインが証拠として提出されれば、大坂なおみ選手も不服ながら支払いが発生するのかもしれないのです。

 

でも、それでも「永久に」というのは、どう考えてもおかしいですよね。

そのため、今後の大坂なおみ選手の動きとしては、契約書の再発行などの交渉をしていくのではないかと考えられます。

 

大坂なおみ選手はまだ若いのに、手にした賞金を狙われてしまい本当にかわいそうですよね。

大坂なおみ選手がはやくテニスに専念できる環境になること、そしてまた素晴らしいプレーを見せてくれることを期待しています!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です