未分類

登記情報提供サービス【ログイン画面はどこ・公図取り方とは・消費税込みの料金・時間・履歴事項・解約】

 

スポンサードリンク

登記情報提供サービス【ログイン画面はどこ・公図取り方とは・消費税込みの料金・時間・履歴事項・解約】

登記情報提供サービスとは何かご存知でしょうか?

 

登録情報を確認したいものの、役所まで行く時間がなかなかとれない時や、面倒な時は、

登記情報提供サービスが便利なんです。

 

時間やお金の節約にもなるでしょう。

 

登記情報を確認するだけなら、オンライン申請システムから登記情報提供サービスを使ってpdf形式で受け取るといいでしょう。

 

パソコンからすぐ内容を確認できます。

pdf形式なので、必要に応じてすぐ印刷できるのがメリットです。

 

スポンサードリンク

ログイン画面はどこ?

https://www1.touki.or.jp/operate/04-01.html

スポンサードリンク

公図取り方とは

公図を取得するには、登記所、ネットで申請する方法があります。

現状と間違いがないか、隣と境界が確定しているかを、公図の見方や
活用法を知りましょう。

業務の効率化になるでしょう。

 

登記情報提供のサービスで確認できるのは、不動産の登記簿だけではありません。

 

商業登記簿や法人の登記簿、投資事業有限責任組合契約登記簿も確認できるのです。

 

登記情報提供サービスの使い方を知っていれば、家やオフィスにいながらでも内容を確認できるでしょう。

 

登記所の窓口で相談するのもできますが、家や事務所で検索している登記情報提供サービスもそのことです。

 

役所が締まった時でも利用できますが、登記情報提供サービスはインターネットを使ったサービスで、利用時間が決められています。

 

スポンサードリンク

登記情報提供サービスにかかる費用は?

 

登記情報提供サービスは基本的に、消費税込みの料金です。

 

窓口で書面請求すると600円で、オンライン請求をして送ってもらえば、500円です。

 

登記情報提供サービスを利用し、パソコン上で確認したほうが圧倒的に安く費用を抑えられるでしょう。

 

サービス向上のため、登録する場合に初期登録費用がかかります。

 

毎月月末までの利用料金を、個人利用の場合は翌月10日前後、クレジットカード会社に請求されます。

 

法人利用した場合は、翌月の26日に引き落としです。

支払い方法は、個人で登録して利用する場合と同様に、クレジットカード決済です。

 

ただ、登録している場合は末日締めです。

 

一時利用の場合は即時決済です。

 

登録費用がかからない一次利用のほうがメリットはあるでしょう。

 

一次的に利用する場合、利用者idを取得し、クレジットカード情報を入力します。

利用から4カ月間は再ログインできるでしょう。

 

すでに取得したpdfファイルの閲覧やダウンロードができます。

 

登記情報を請求するには、利用者idを取得し、クレジットカード情報を入力しなければなりません。

 

登記情報提供サービスは、初期費用がかかりますが、登録して利用したほうが便利です。

 

一時的な利用は、試しに使ってみる場合か、登録完了通知書が届くまで一週間近くかかるので、その時利用するといいでしょう。

 

スポンサードリンク

登記情報提供サービスで履歴事項を削除は可能?

可能です!

利用者自身で、削除や全部削除ができます。

登録情報を請求した履歴のうち、登記情報pdfファイルを取得できた請求は、取得した日や業務日から無制限に表示されます。

 

請求履歴やエラーで登記情報を取得できなかった請求履歴、マイページに登録しておいた

請求前の履歴は、マイページ画面における件数について制限があります。

 

スポンサードリンク

個人で登記情報提供サービスを使って解約するには

 

解約や登録完了通知書の再発行の手続きにあたり、各種申請用紙を印刷し、添付書類と合わせて宛先に郵送します。

 

申請用紙の郵送は不要です。

 

利用者情報の変更は、ホームページからもできます。

 

スポンサードリンク

終わりに

 

登記情報提供サービスは、登記所がもっている登記情報を、インターネットを通して

pc画面上で利用できる有料サービスです。

スポンサードリンク

-未分類

error: Content is protected !!

Copyright© 今日の検索ちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.