新保吉伸プロフや経歴!年収や妻嫁,家族は?サカエヤ,セジールどこ?プロフェッショナル

新保吉伸さんのプロフィールや学歴、経歴や年収は?

プロフェッショナルで特集された新保吉伸さん、その神の手によって手当てされたお肉は本当においしそうですよね!

 

そんな新保吉伸さんには妻嫁、息子などの家族はいるのでしょうか?

また、新保吉伸さんのサカエヤやセジールはどこなのでしょう?

 

もしかして、プロフェッショナルで特集された効果もあって、もう予約でいっぱいかも…。

そんな新保吉伸さんにまつわる情報について、どこよりも詳しくお伝えしていきます!

スポンサードリンク

新保吉伸のプロフィールや学歴、経歴や年収は?

新保吉伸さんのプロフィールや学歴、経歴や年収はどのくらいなのでしょうか?

まずは、新保吉伸さんのプロフィールについてお伝えしていきましょう。

 

新保吉伸さんは1961年生まれで現在、57歳の年齢です。

そんな新保吉伸さんの出身は、京都のご出身なんですね。

 

新保吉伸さんはそんなプロフィールを、「父と母が京都にて繁殖に成功」と記しています。

新保吉伸さん自身も牛にたとえるような、ユニークな性格でいらっしゃることが伝わってきますね。

 

そんな新保吉伸さんの最終学歴は高校卒です。

新保吉伸さんはよく「学歴はない」と言っていますが、高校まで卒業されていたら十分ではないかと思います。

 

特に、新保吉伸さんのようなお肉のプロフェッショナルには、腕だけが頼りですし、高学歴だからといって美味しいお肉が作れるわけではないでしょう。

そして、新保吉伸さんは高校卒業後、肉屋で働くことになるんですね。

 

新保吉伸さんの父親も肉屋で働いていたことから後追ったわけですが、はじめは父親のそんな影響があったのかもしれません。

しかし、現在は新保吉伸さんのスキルは誰にも真似ができないお家芸ともいえますよね。

 

新保吉伸さんは現在に至るまで肉屋一色、19歳から約40年間近くも肉のことを研究して生きているんですね。

 

そんな研究熱心な新保吉伸さんが手当てする肉がおいしくないわけがないですよね。

新保吉伸さんの経歴としては、19歳で肉屋に就職後、約7年間は修行の日々を過ごします。

 

新保吉伸さん自身、あまり器用な方ではなく仕事を覚えるのにも時間がかかる方だった、と言います。

しかし、肉を自分自身のように真剣に向き合い、修行してきたんですね。

 

そして、新保吉伸さんは26歳の時にいよいよ独立を迎えます。

そう、「サカエヤ」の誕生です!

 

学歴もない、と新保吉伸さんは言いますが、20代で独立起業するなんて今の時代でもなかなかのすご腕といえますよね。

そんな新保吉伸さんが独立して始めた肉屋「サカエヤ」は、アパートの一階部分にあった潰れかけの肉屋を買い取ってのスタートでした。

 

潰れかけの肉屋を500万円で買い取ったと新保吉伸さんは話していますが、当時の金額で考えると、結構思い切った決断だったのではないでしょうか。

それもそのはず、新保吉伸さんは騙されて買ってしまった、といいます。

 

人の良く、まだお若い時代の新保吉伸さんですから、巧妙な話口にはまってしまったのでしょうね。

独立して最初のスタートとしては、新保吉伸さんは大きなハンデを背負ってしまったようですが、その実力を発揮することで10年近くも移転せずにお店を続けたんです。

 

新保吉伸さんは、ご自身の経歴の中でも、この時ばかりは意地で営業していたのでしょう。

普通に考えて、潰れかけの肉屋からのスタートで9年間も営業できるってなかなか無いですよね。

 

しかし、そんな窮地だったからこそ、新保吉伸さんのお肉の技術は他者の追随を許さないものとなったのでしょうね。

その後、新保吉伸さんは心機一転、新しい地で肉屋としての経歴を再スタートさせます。

 

その地とは、現在のサカエヤの近くでもある南草津駅から1kmほど離れたところでした。

新保吉伸さんは、新・サカエヤで約20年間、営業を続けました。

 

大手のスーパーが増えてきた中、個人店の肉屋が20年間も続けてこれたというのは、新保吉伸さんのお肉の味が本物である証ですよね。

現在では、新保吉伸さんのお肉は地元民だけでなく全国から買い求められるほどですから、スーパーのお肉とはもう別物といっても良いのかもしれません。

 

特に、新保吉伸さんは狂牛病問題の際には、なんと3,000万円もの借金を背負ったと言います。

逆に、そのような状況下でよく這い上がってこれたなぁというのは、誰もが感じるところですよね。

 

また、アメリカの安い牛肉も入ってきたり、日本の牛肉の良さとは…と考える日々が続いたことでしょう。

しかし、真摯に牛を育てている酪農家と出会うことで、新保吉伸さんの意識もまた変わっていったといいます。

 

そのようなピンチが続いたからこそ、新保吉伸さんは必死で自分が肉屋として生きる道を探してこれたのかもしれませんね。

そして、強い信頼関係のある仲間ともいえる酪農家や料理人と巡り会うことができたのでしょう。

 

そんな新保吉伸さんの経歴ですが、2017年9月に現在の地にサカエヤを移転させています。

新保吉伸さんが手当てした新鮮なお肉をおいしく食べられるレストラン「セジール」を併設しての再々スタートとなりました。

 

新保吉伸さんとしては、以前の場所でもよかったのでしょうが、レストラン併設や大きい駐車場を構えることを考えると、移転せざるを得なかったのでしょう。

すべては、おいしいお肉をよりおいしく食べてもらうための新保吉伸さんのこだわりなのでしょうね。

 

このような肉一筋の経歴を持つ新保吉伸さんの年収はどのくらいなのでしょうか?

人気肉屋の社長でもある新保吉伸さんの年収としては、年収1千万円が最低ラインといえるでしょう。

 

しかし、最近は新保吉伸さんが経営するセジールもかなりの人気なので、年収は1,500万円以上であることは確かですね。

それもそのはず、新保吉伸さんが新しく構えたセジールの内装の豪華さも、かなりのものです。

 

ワインセラーもかなりのスペースを設けていますし、単なる「お肉屋さん併設のおいしいレストラン」とはワケが違います。

そんなところからも新保吉伸さんのこだわりぶりが伺えますし、またそれだけ儲かっていて年収も高いからこそできるこだわりといえますね。

 

このような新保吉伸さんですが、妻嫁や息子などの家族はいらっしゃるのでしょうか?

スポンサードリンク

新保吉伸の妻嫁や息子などの家族は?

新保吉伸さんの妻嫁や息子などの家族の存在が気になりますよね。

結論から言えば、新保吉伸さんは妻嫁や息子の存在は公表しておりません。

 

しかし、新保吉伸さんのご年齢を考えると素敵な妻嫁がいてもおかしくありませんよね。

新保吉伸さんのような職人肌の男性に限って、美人で夫を支える妻がいるのが世の常なんですよね!

 

また、新保吉伸さんの息子さんについても一部メディアでは触れられています。

ですから、新保吉伸さんのご年齢を考えると20代くらいの息子さんがいらっしゃる可能性は高いといえますね。

 

もっとも、新保吉伸さんのようなスゴ腕の肉屋に生まれたら、跡を継ぎたくないと思われるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。

もしかすると、どこか別の肉屋で修行していたり、はたまた新保吉伸さんのおいしいお肉を調理するシェフを目指しているかもしれませんね。

 

新保吉伸さんの父親も肉屋の経験があることを考えれば、さらに新保吉伸さんのスキルが後世にも受け継がれていってほしい、と考えてしまいますよね。

スポンサードリンク

新保吉伸の熟成方法とは?

新保吉伸さんの熟成方法は、骨盤をつけたまま酸化させないようにして熟成させるのが特徴です。

また、五感を使って水分量などを確認するのも独特ですね。

 

というのも、新保吉伸さんは生肉を口に含んで、噛んだり匂いをかいだりしてその状態を見極めます。

なかなか素人ではできない技ですよね。

 

そのほか、約9年かけて育ててきた熟成に必要な菌を使って、おいしく熟成させるのもポイントです。

一歩間違えば、腐ってしまうものですが、表面にカビが生えたとしても腐敗ではなく、毎日のケアの中でおいしく熟成させています。

また、肉の水分量によっても、網に敷いて熟成させたり、ペーパーや布で包んだりして水分量を調整しているんですね。

 

そして、熟成庫の中でも場所を変えたりして、常に肉の状態を見張っています。

まさに、新保吉伸さんのやり方は手当てというにふさわしいやり方ですね。

 

そんな新保吉伸さんが手当てした肉は、今やA5ランクの肉よりも希少価値が高いと言われています。

そういった意味で、新保吉伸さんは「この人の育てた肉ならおいしくしてあげたい」という思いで、手当てをしているんですね。

 

そんな新保吉伸さんは、肉屋という職業をミュージシャンよりかっこいいと言います。

確かに、包丁一本で仕事をしていく肉屋はかっこいいですよね。

 

でも、新保吉伸さん曰く、ご自身は「とても臆病」なのだとか。

冷静に話す新保吉伸さんからはちょっと想像つかないですよね。

スポンサードリンク

新保吉伸のサカエヤ・セジールはどこ?何がおすすめ?シェフ村田巧もすごい?

新保吉伸さんが経営するサカエヤやセジールの場所はどこなのでしょうか?

新保吉伸さんが手当てしたお肉を生きている間に一度は食べてみたいものですよね。

 

そんな新保吉伸さんのサカエヤ・セジールの場所は、南草津駅から約2kmほどの場所に位置しています。

つまり、新保吉伸さんのサカエヤ・セジールは、南草津駅から車で10分ほどの場所といえますね。

 

南草津駅から歩くと30分ほど時間がかかりますので、できればタクシーなどを使いたいところです。

また、新保吉伸さんのサカエヤ・セジールに車でお越しの際は、南草津駅からかがやき通りをまっすぐ行くようにするとわかりやすいですよ。

 

そんな新保吉伸さんのセジールでは、なんといっても牛肉のタルタルがおすすめです。

生肉を食べられるタルタルという料理は、日本全国探してもなかなか食べることができない料理です。

 

それはなぜかというと、牛肉を生で食べさせるには特別な許可がいるからなんですね。

以前、牛肉のユッケで食中毒が起きた事件がありましたが、あれ以来、一気に規制が厳しくなっているのです。

 

そのため、生肉を使ったタルタルを出せるというのは、かなり調理場が綺麗でないといけませんし、名誉であるともいえます。

それは、肉屋として長年やってきた新保吉伸さんだからこそ、こだわっている逸品ともいえるでしょう。

 

また、新保吉伸さんのセジールでは、手軽に新保吉伸さんのお肉を味わえるハンバーグステーキもおすすめです。

お肉の魔術師である新保吉伸さんの手から生み出されたハンバーグの味わいは格別ですよ。

 

そして、なかなか新保吉伸さんのサカエヤ・セジールに行けない、という方ももちろんいらっしゃいますよね。

そんな方におすすめなのが、こちら。

 

 

 

こちらから新保吉伸さんのお肉が自宅でも手軽に食べられるので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

また、新保吉伸さんのセジールでシェフを務めている村田巧さんも、実は新保吉伸さんに負けず劣らず凄腕の方なんですね。

セジールシェフの村田巧さんは、熊本出身の43歳ですが、軽井沢の有名レストラン「ユカワタン」や星野リゾートのシェフを経験した方です。

 

そんなセジールシェフの村田巧さんですが新保吉伸さんと出会い、その腕を見染められて、2017年からパートナーとしてシェフを任されているんですね。

新保吉伸さんが手当てしたおいしいお肉を、シェフである村田巧さんがさらにおいしく調理する、という夢のような共演をぜひ一度はセジールで味わってみたいものですね。

 

スポンサードリンク

新保吉伸さんのお肉が食べられるレストランは?

新保吉伸さんが手当てしたお肉が食べられるレストランは、

  • イル・ジョット(千葉)
  • オーオンブーシュ(池尻大橋)
  • フランツ(白金)
  • お肉サロン ヘラクラス(新潟)
  • チェンチ(京都)

などのレストランがあります。

 

意外にも全国各地で、新保吉伸さんと気があった料理人には肉を卸しているそうなのです。

ですから、お近くで新保吉伸さんのお肉が食べられるお店があれば、ぜひ訪れてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です