未分類

平成34年 令和【西暦何年・昭和・計算・33・1・2022・年度】

 

スポンサードリンク

平成34年 令和【西暦何年・昭和・計算・1・2022・年度】

平成何年は令和でいう何年にあたる?

 

といったことは、何気に重要ですね。

私も早見表がなければ、昔の元号がどの西暦にあたるかまるでわかりません。

自分の誕生付きなら、西暦でも和暦でもいえますが、そのほかの元号がどの西暦にあたるかはサッパリです。

 

いちいち計算していても面倒です。

 

元号には昭和、平成、令和、西暦とあってややこしいですね。

 

それをまとめて見やすくしてくれるのが、早見表なのです。

 

年度ごとにどの和暦、西暦にあたるか見やすくまとめたチャートです。

年齢や干支までわかることもあります。

 

それでは、まだなっていませんが、平成34年は令和何年にあたるでしょうか?

今は令和2年で平成でいうと平成32年です。

 

早見表をみなくても、簡単に平成34年が令和何年にあたるかわかりますね。

 

平成33年は西暦何年?令和へ変換した場合の早見表

 

2020年は平成32年です。

ということは、平成34年は2022年です。

 

+2をすればいいだけですね。

早見表をみるまでもなく、計算すればわかることです。

 

平成33年でしたら、2021年、要するに来年です。

 

2022年は遠い未来に感じますが、たった2年後なのです。

そう考えると2020年代もあっというまに過ぎてしまいそうです。

 

令和1年は令和元年といいますが、最初はこの元号に親しめませんでした。

しかし今はすっかり令和に馴染んでしまっています。

 

シンプルで使いやすい年齢早見表

 

ネットで探せば、さまざまなサイトで早見表を出しています。

 

https://www.nenrei-hayami.net/2020.html

 

早見表は履歴書を書く時や、相手の年齢を知る時、干支を知りたい時などに役立ちます。

もちろんそのほかのシーンでも、元号や西暦を確かめたい時に有利でしょう。

 

シンプルで使いやすい早見表だったら、下記がおすすめです。

 

https://www.nenrei-hayami.net/2020.html

 

エクセルで元号が計算できる?

 

エクセルは便利ですね。

 

一つのセルに日付を入れれば、その下にドラッグしていけばズラーッと連続した日付が自動で出てきます。

 

だからわざわざ自分で日付を手入力しなくてもいいのです。

一つのセルに入れた日付を基準として、下の欄にも自動的に次の日付が出てくるのですね。

連続でないと出ませんので、飛び飛びで日付を入れる場合には使えませんが…。

 

エクセルでは関数の計算ができるため、西暦を和暦に変換することや、一年を元年に変換することができます。

 

2019年5月から令和元年になったわけですが、エクセルにもそれが反映されています。

 

といのも、2019年5月4日には、エクセルの表示形式でも令和が表示できるようになったんです。

 

そのため、令和の日付をエクセルのセルに入力することは可能です。「令和元年」という表示も出るでしょう。

 

 

エクセルは賢いツールなので、令和に限らず、今後も新たな元号が出たら柔軟に適応されるでしょう。

 

新しい元号が決まれば、エクセルもアップデートされるのです。

 

ただし、気を付けたいことがあります。

平成1年は「平成元年」にはなりません。

 

元年ではなく1年になるでしょう。

 

ただ、セルの書式設定で、「1年を元年と表記する」という項目にチェックを入れれば大丈夫です。

元年と表示されるでしょう。

スポンサードリンク

-未分類

error: Content is protected !!

Copyright© 今日の検索ちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.