赤井勝の略歴や年収,結婚してる妻は?花屋のお店の新情報も!情熱大陸

赤井勝さんの略歴は?結婚してる?

情熱大陸で特集された赤井勝さんですが、花屋のお店の詳細も気になりますよね。

 

今回は、そんな赤井勝さんについて詳しくお伝えしていきます!

スポンサードリンク

赤井勝の略歴や年収は?結婚してるの?妻はどんな人?

赤井勝さんの略歴についてですが、1965年生まれの現在53歳。

赤井勝さんの出身は、大阪のご出身なんですね。

 

そんな赤井勝さんの身長は153cmと小柄なのですが、作り出す作品は壮大で、スケールが大きい作品も多数生み出されているんですね。

赤井勝さんが得意とするのは、和の生け花と洋のフラワーアレンジメントを融合させた独自の世界観を演出させること。

 

もはや、赤井勝さんの作品は唯一無二といっても過言ではないでしょう。

赤井勝さんのお花に対する考えとしては、堅苦しいものではなく、「花と遊ぶ」ということを大切にしているのだとか。

 

だからこそ、赤井勝さんの生けるお花は、自由で生き生きとしているのでしょう。

そんな赤井勝さんは祖父が花農家、父親が花屋という家庭に育ちます。

 

赤井勝さんは幼い頃から花に囲まれて育ったのでしょうね。

しかし、赤井勝さんが2歳の時に、赤井勝さんの父親はガンで他界してしまうんです。

 

赤井勝さんはそれでもお家が花屋ということもあり、幼少期からお花に興味を持っていたようです。

ですから赤井勝さんは、幼稚園に入る前からお花を習っていたんですね。

 

でも、赤井勝さんは言われた通りに花を生けるのが苦手だったんです。

この頃から、赤井勝さんの独創的なお花の世界は広がっていたのでしょうね。

 

そのため赤井勝さんは中学卒業後、叔父さんが経営する花屋で修行したのち、独立することに。

そんな赤井勝さんですが、中学校までは野球に熱中されていたそうで、今では想像もつかないですよね。

 

現在は、東京と大阪に「エミフラワー」という2店舗の花屋のショップを構えるほか、展示会や直接お花を教えるなどの多忙ぶりです。

そんな赤井勝さんの年収はいくらなのでしょうか?

 

赤井勝さんの個別レッスンが、一回あたり2時間で16,000円を超えることやそんな高額なレッスンの申し込みも予約が取れないことを考えると、自ずと赤井勝さんの年収は高いことが予想できますよね。

ほかにも、赤井勝さんは大使館や有名企業に対しても展示会をプロデュースするなどしています。

 

赤井勝さんが手がけるそれらの金額も、規模によりますが一回あたり500万円ほどの報酬が支払われることもあるのだとか。

そんな赤井勝さんの年収は、3000万円以上ではないかと予想されます。

 

しかし、赤井勝さんのお花の代わりはほかにないことから、年々赤井勝さんのお花の価値は上がっていっているんですね。

そのため、赤井勝さんの年収は年々高くなっているのではないでしょうか。

 

そんな赤井勝さんですが、結婚はされているのでしょうか?

実際のところ、赤井勝さんは21歳のときに結婚をされています。

 

赤井勝さんの妻である弘美さんも、実はフラワーアーティストなんですね。

夫婦でフラワーアーティストなんて、とっても素敵です。

 

いつも赤井勝さんと妻の弘美さんの周りには、お花があるのでしょうね。

そんな赤井勝さんは、妻の弘美さんのすべてが好き!と即答しており、「妻を幸せにするために生まれてきた」とまで話していてなんとも素敵ですよね。

 

赤井勝さんは50歳を超えてもなお、そんな純粋な心も持てているからこそ、素敵なお花を生けられるのでしょう。

そして、実は赤井勝さんと妻の間には二人の息子さんがいるのですが、その二人の息子もなんとフラワーアーティスト!

 

そう、赤井勝さん一家はまさにお花一色の家系なんですよね。

特に、赤井勝さんの長男である隆祐さんは、赤井勝さんの感覚を受け継いだ素敵なフラワーアーティストなんだそうです。

 

赤井勝さんと妻の間に生まれた息子二人も現在は成人し、赤井勝さんの東京と大阪にある花屋のお店を任されているそうなんですね。

そんな赤井勝さんの花屋のお店の詳細についてもお伝えしていきましょう。

スポンサードリンク

赤井勝の花屋のお店の詳細は?

赤井勝さんの花屋のお店「エミフラワー」ですが、現在は東京・銀座と大阪・堂島にショップを構えているんですね。

ただし、土日祝日は定休日となっているため、平日の12時〜22時までが営業時間となっている点に注意が必要です。

 

また、赤井勝さんは東京で大きな仕事が増えてきたため、自宅を大阪から東京に移して活動されているんですね。

特に、六本木に赤井勝さんのアトリエをもち、そちらで芸能人などに対してもフラワーレッスンをされているんです。

 

赤井勝さんのフラワーレッスンは人気ですが、一度はお願いしてみたいものですね。

そんな赤井勝さんの著書はこちら。

 

赤井勝さんは今後もどんどん素晴らしい作品を生み出してくれることでしょう。

これからも赤井勝さんの活躍が楽しみですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です