水谷隼がラケットをALCに変更した理由とは?中学生でも使いこなせるの?

水谷隼選手がラケットをALCに変更した理由とは?

また、水谷隼選手が変更したALCのラケットは中学生にも使いこなせるの?

 

今回は、そんな水谷隼選手の変更したラケットについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサードリンク

水谷隼がラケットをALCに変更した理由は?

水谷隼選手のラケットといえばZLC(ザイロン)。

しかし、水谷隼選手は少し前にラケットをZLCからALC(アリレート)に変更しましたよね。

 

でも、なぜ水谷隼選手はラケットをALCに変更したのでしょうか?

実は、水谷隼選手がラケットを変更した理由は、全日本卓球で使われているボールが変更されたからなんですね。

 

当たり前ですが、卓球って瞬間的なスピードであったり、ちょっとした変更でも大きく響いてしまう繊細なスポーツ。

だからこそ、水谷隼選手は使用されるボールに合わせてラケットを変更する必要があると考えたのです。

 

そして、このたび全日本卓球で使われるようになったボールはニッタク製のボール。

このニッタク製のボールというのは、少しだけ硬めなのが特徴なんです。

 

ですから、これまで通り水谷隼選手がZLCのラケットを変更しなければ、ボールが飛びすぎることが懸念だったんですね。

そのため、水谷隼選手はZLCのラケットよりもボールが飛びにくくなるALCのラケットに変更したということ。

 

また、水谷隼選手はZLCのラケットからALCのラケットに変更するだけでなく、ラバーの部分もさらに柔らかいものに変更したそうです。

そうすることで、ボールの衝撃を吸収し、ボールを飛びにくくするためですね。

 

ほかにも、水谷隼選手はグリップテープを巻くなど細かいところにまで配慮をしているそうです。

やはり水谷隼選手クラスになると、細かな微調整の部分まで滞りなく配慮を重ねた上で試合に臨んでいるのだな、と改めて感じました。

 

逆に言えば、そうでないと水谷隼選手のような成績は残せないのでしょうね。

水谷隼選手には、なんだかとっても頭が下がる思いです。

スポンサードリンク

水谷隼のラケットは中学生でも使いこなせる?

そんな水谷隼選手のラケットですが、中学生にも使いこなせるのでしょうか?

結論から言うと、水谷隼選手が変更したALCのラケットの方が中学生向きと言えるでしょう。

 

と言うのも、やはり水谷隼選手がラケットを変更する前に使用していたZLCのラケットはボールが飛びやすく、その分扱いづらさがあったためです。

その点、今回水谷隼選手が変更したALCのラケットの方が、中学生にとっては変更前のZLCのラケットよりもストレスなく、思いっきり打つことができるのでおすすめ。

 

特に、中学生で五枚合板などを使っている人にとっては、水谷隼選手が変更したALCのラケットは使いやすくておすすめと言えるでしょう。

水谷隼選手が変更したALCのラケットに興味がある中学生は、ぜひ使ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です