本名善兵衛プロフや経歴は?柏屋の薄皮饅頭お取り寄せ!カンブリア宮殿

本名善兵衛さんのwiki経プロフィールや経歴、年収はどのくらい?

カンブリア宮殿でも紹介された本名善兵衛さんといえば、薄皮饅頭で有名な柏屋の5代目。

 

そんな本名善兵衛さんについて、詳しくお伝えしていきます。

また、日本三大饅頭の一つでもある柏屋の薄皮饅頭はお取り寄せできるのでしょうか?

 

本名善兵衛さんの薄皮饅頭がどこで買えるのかなどもお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

本名善兵衛のwikiプロフィールや経歴、年収はどのくらい?

本名善兵衛さんのプロフィールや経歴、年収が気になりますよね。

そんな本名善兵衛さんのwikiプロフィールからお伝えしていきましょう。

 

本名善兵衛さんのプロフィールとしては、1955年生まれの63歳。

本名善兵衛さんの出身は、福島県郡山市のご出身です。

 

本名善兵衛さんの本名は幹司さんといいますが、善兵衛という名前は、本名家の当主が代々引き継ぐ名前なんですね。

本名善兵衛さんが柏屋の代表取締役に就任したのは1986年のことで、若干31歳のことだったんです。

 

それから、本名善兵衛さんは約25年間、柏屋の先頭にたって会社を引っ張ってきました。

そして、本名善兵衛さんは2012年に「善兵衛」という名前を踏襲されたんですね。

 

それまで本名善兵衛さんが歩まれてきた約25年間の道のりは、並大抵のものではなかったでしょう。

2011年には、東日本大震災があり本名善兵衛さんの生まれ故郷であり、また柏屋を構える福島県の被災の影響は言うまでもなく、すさまじかったのです。

 

そんな本名善兵衛さんは本名家の20代目の当主であり、柏屋としては5代目。

そう、本名善兵衛さんの本名家は元々は戦国武将であり、450年以上続く名家なんですね。

 

また、本名善兵衛さんが代表取締役を務める柏屋も嘉永5年の1852年から、なんと160年以上の歴史があるんですね。

初代本名善兵衛さんは、黒船が来た当時から存在しているというから本名家の歴史には驚きです。

 

そんな本名家は現在でこそ菓子製造を行う柏屋を営んでいますが、柏屋に至るまでに代々の本名さんは、医者や旅館といった職業を経て柏屋に行きついたのだとか。

薄皮饅頭は全国各地にありますが、蒸気を利用して温泉旅館などから発祥していることも多く、本名善兵衛さんの柏屋のルーツもここにあるのかもしれませんね。

 

一方で、本名善兵衛さんご自身の経歴はというと、出身高校は福島県立安積高校のご出身。

本名善兵衛さんの出身校である福島県立安積高校は、県内でも偏差値が高めの高校なんですね。

 

その後、本名善兵衛さんは東京農業短期大学へ進学しています。

本名善兵衛さんは学生時代、ブラスバンドやフォークバンド、ロックバンドなどありとあらゆる音楽に魅了されていて、音楽の道に進むことも考えたことがあるのだとか。

 

しかし、本名善兵衛さんは本名家の当主としての自覚が強く、1977年22歳の時に柏屋に入社されたそうです。

そんな柏屋の本名善兵衛さんの年収はどのくらいなのでしょうか?

 

柏屋の役員報酬などは公開されていないのですが、年商400億円ともいわれる柏屋。

そんな柏屋のスケールを考えると、代表取締役である本名善兵衛さんの年収は5000万円ほどではないかと思われます。

 

最も柏屋は家族経営でもあるので、役員報酬は少なくても株などでその分年収が高めであることも考えられますね。

柏屋の取締役や監査役なども本名家の一族の方が務められていることを考えると、本名家全体の年収はとても多いのではないでしょうか。

 

そんな本名善兵衛さんが代表取締役を務める柏屋は、東日本大震災後は風評被害などもあり、売り上げがゼロの時もあったようです。

しかし、東日本大震災から八年が経ち、柏屋の売り上げはやっと震災前の80%にまで戻ってきたのだとか。

 

それでも震災前に比べると2割もの売り上げが依然として戻らないことを考えると、「目に見えない風評被害」というのは、実感としてまだ残っているのだな、と考えることもできますよね。

しかし、本名善兵衛さんも震災後ただ指をくわえて売り上げが戻るのを待っていたわけではありません。

 

むしろ、本名善兵衛さんが様々な施策を打ち出したからこそ、震災前の売り上げ80%にまで達成することができたと言えるでしょう。

そんな本名善兵衛さんの目玉とも言える施策が、柏屋の看板商品「薄皮饅頭」に季節を取り入れたこと。

 

でも、本名善兵衛さんが薄皮饅頭に取り入れたアイデアは、季節のフルーツを入れるとかそんな形だけの方法ではないんですね。

具体的に言えば、本名善兵衛さんが取り組まれたのは「新あずき」を打ち出したこと。

 

どんな作物にも旬というものがあります。

慣れ親しんでいるものでいえば、「新そば」「新茶」などが有名ではないでしょうか。

 

しかし、よく考えてみれば薄皮饅頭に使っているあんこのあずきにだって旬があるんですよね。

そこで、本名善兵衛さんは「新あずき」の季節には、その訴求をして柏屋の薄皮饅頭を売り出すことにしたんです。

 

すると、本名善兵衛さんのアイデアは見事に的中し、柏屋名物の薄皮饅頭の売り上げはV字回復したんですね。

また、すごい時には薄皮饅頭の売り上げが二桁も上がったというから、あずきの生産者の方にも驚かれたそうなんです。

 

売り上げが二桁増えるって単純にすごいことですよね。

薄皮饅頭の売り上げが100万円だったとしたら、1億円になってしまいますから・・・。

 

それだけ売り上げが増えても、変わらずに小豆の量を確保できる柏屋の購買力もすごいです。

でも、柏屋の薄皮饅頭にはそれ以前もずっと変わらずに、毎年「新あずき」を使ってきているんですね。

 

そう、本名善兵衛さんが取り入れたのは「新あずき」の季節になったら、「新あずき使用」と打ち出すだけ。

やったことはこれだけなのですが、この施策がずばり旬を楽しむ日本人の心にヒットしたわけです。

 

そんな本名善兵衛さんが代表取締役を務める柏屋の家訓は「代々初代」という言葉。

つまり、代々受け継がれてきたことをコピーしてやるだけではなく、その代の本名善兵衛さんが初代のつもりで、試行錯誤して取り組む。

 

そういった姿勢が、震災という大きなバッドニュースを乗り越えるきっかけを作り出したのでしょう。

また、本名善兵衛さんの柏屋では薄皮饅頭の他にも、「檸檬(れも)」というレモンチーズタルトも有名です。

 

誰もが一度は召し上がったことのある有名な銘菓ですよね。

そんな「檸檬(れも)」という商品名にも、お客様が買いたくなる仕掛けが詰め込まれているんです。

 

というのも、横文字のおしゃれなお菓子はなんだか買うのも気恥ずかしいし、贈り物としても合わないのではないか、という視点に本名善兵衛さんは目をつけたからなんですね。

そのため、本名善兵衛さんは漢字で、しかも二文字で読ませるという仕掛けをこの商品名に加えたんです。

 

そのような本名善兵衛さんの工夫も、家訓である「代々初代」にならって実直にこなしてきた成果と言えるのかもしれません。

それにしても、本名善兵衛さんが手がける柏屋の薄皮饅頭や檸檬(れも)、あらためて食べてみたいですよね!

 

そこで、柏屋の薄皮饅頭などのお取り寄せやどこで買えるかなどについて、詳しくお伝えしていきます。

スポンサードリンク

柏屋の薄皮饅頭はお取り寄せできる?どこで買える?

柏屋の薄皮饅頭はお取り寄せできるのでしょうか?

結論から言えば、柏屋の薄皮饅頭はお取り寄せで簡単に購入することができるんですね。

 

やわらかくてそれだけでも美味しい黒糖風味の薄皮と、こだわり抜いたあんこがやみつきになる柏屋の薄皮饅頭、一度はご賞味あれ。

 

また、柏屋のレモンチーズタルト檸檬(れも)は、濃厚なチーズとさっぱりとしたレモンの風味が上品な味わい。

こちらも銘菓なので食べたことがない方は、一度は食べておきたい味ですね。

 

柏屋の檸檬(れも)はこちらからどうぞ。

↓↓↓

 

 檸檬(れも)6個入

 

また、これらは全国の百貨店などでも買うことができるので、足を運んでみてくださいね。

柏屋の薄皮饅頭は日本三大饅頭ともいわれるので、是非とも味わっておきたいお味。

 

しかし、日本三大饅頭の残り二つが何なのか?も気になりますよね。

そこで、日本三大饅頭の残り二つを調べてみたところ、

  • 志ほせ饅頭(東京)
  • 大手まんぢゅう(岡山)

これらと柏屋の薄皮饅頭を合わせて、日本三大饅頭と言われているんですね。

 

志ほせ饅頭も大手まんぢゅうもこちらから購入することができるので、是非この機会に味わってみるのがおすすめです。

大手まんぢゅうもおすすめです。

↓↓↓

 

 <大手饅頭伊部屋>大手まんぢゅう 20個入

 

日本三大饅頭といわれる銘菓ですから、日本人としては一度は味わっておきたいものですね。

合わせて読みたい:小幡寿康の経歴やプロフ,年収は?お取り寄せできる?プロフェッショナル

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です