女性一人暮らしインテリア1DKや1LDKが狭い間取り,縦長レイアウトの家具配置例!

女性一人暮らしのインテリア、特に1DKや1LDKの間取りが狭かったり、縦型のレイアウトだと悩みますよね。

オシャレ感も大切ですが、家具配置がうまくいかないとどうしてもダイニングの使い方やテレビの配置が使いにくくなってしまいます。

 

そこで今回は、女性一人暮らしのインテリアで1DKや1LDKにおすすめの家具配置例をご紹介。

自分の好みに合わせた、一人暮らしのインテリアを満喫できる空間をつくっていきましょう!

スポンサードリンク

女性一人暮らしのインテリア1DK編!縦長レイアウトや狭い間取りの家具配置例!

女性一人暮らしのインテリアは1DKではなかなか楽しめないことが多いですよね。

というのも、女性暮らしの1DKは多くの場合、部屋の形がありきたり。

 

基本的に、縦長レイアウトで玄関入ってすぐにキッチン、風呂、トイレが並び、一番奥にダイニングという配置が多いですよね。

それに、女性一人暮らしの1DKって、とにかく間取りが狭い。

 

つまり、必要最低限のスペースしかないから、なかなか女性一人暮らしのインテリアを楽しむことができないんですよね。

インテリアって空間が重要です。

 

でも、女性一人暮らしの1DKでは、インテリアに必要な空間が十分ない!

これが、女性一人暮らしのインテリアをなかなか楽しめない原因なのです。

 

そんな中で、少しでも自分らしいインテリアの中で日々の生活を楽しみたいと思ったら、やっぱり家具配置が重要になってきますよね。

特に大切なのは、

  • 生活する上で必要不可欠なもの
  • 大きな家具

これらをどう配置するかが重要です。

 

なぜなら女性一人暮らしのインテリア1DKでは、収納スペースも限られているから。

そう、生活に必要不可欠な日用品などはどうしても生活臭が出てしまうから、女性一人暮らしのインテリアではマイナスになってしまうんです。

 

こういった女性一人暮らしのインテリアにマイナスなものは、オープン収納などを利用しながら、素敵なインテリアの後ろに隠してしまうのがおすすめ。

また、大きな家具の配置、特にベットやテーブルなどは、女性一人暮らしのインテリアで1DKの場合は邪魔になりがちですよね。

 

女性一人暮らしのインテリアで1DKの場合は、こういった大きめの家具は折りたたみできるものがおすすめなんです。

たとえば、大きい家具の配置で悩むことが多いベットなどは、思いきって布団を使うようにするのも良いでしょう。

 

そして、使わない時は折りたたんで寄せておき、女性一人暮らしのインテリアに使える空間を大きく取るようにします。

テーブルなども同様に、整理整頓しやすくて使いやすいものを選ぶのがおすすめ。

 

縦長レイアウトや狭い間取りで、女性の一人暮らしらしいインテリアを楽しもうと思うのなら、やはり基本は物を多く置かないこと。

そうでなければ、せっかくオシャレなインテリアにしたところで物がありすぎて全然楽しめなくなってしまいます・・・。

 

女性一人暮らしのインテリアとして1DKの家具配置を参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

女性一人暮らしのインテリア1DK編!テレビ配置やダイニングの使い方はどうする?

女性一人暮らしのインテリア1DK編、続いてはテレビ配置やダイニングの使い方について。

先ほどご紹介してきた大きめの家具配置とは異なり、テレビはなかなか寄せにくく固定された位置に置くことがほとんど。

 

でも、女性一人暮らしのインテリアを楽しもうと思うと、言うまでもなくテレビ配置がスペースを取る原因になってしまうんですよね。

このような場合、まず基本として女性一人暮らしの1DKでは大きめのテレビを配置しないことです。

 

大きいテレビはそれだけで配置スペースをとってしまいますし、またインテリアのトータルバランスを崩しがち。

ですから、女性一人暮らしの1DKでは小さめのテレビを配置することです。

 

また、そのテレビの配置場所としてもオープン収納を活用しながら、その一角に納めてしまうのがおすすめ。

ただし、自分がよくいるスペースから見やすい角度や高さ、というのが重要ですよね。

 

そのため、インテリアは少々崩れてしまいますが、自分の見やすいところにテレビを配置するというのも一つです。

また、どうしてもインテリアを優先したい場合は、普段テレビを見ないときは布や絵で隠しておくようにすること。

 

そうすると、女性一人暮らしらしいインテリアを1DKでも十分楽しむことができますよ。

また、女性一人暮らしの1DKでは、ダイニングの使い方はなかなか選択肢が広がりませんよね。

 

というのもやはり、女性一人暮らしの1DKでは、基本的に居る場所がダイニングになるから。

だからこそ、女性一人暮らしのインテリアを1DKで楽しみたいと思ったら、ダイニングの使い方としてデッドゾーンを作るのはNGです。

 

なるべく縦長の収納を使うようにして、縦の空間を利用するのがおすすめです。

限りあるスペースを広く使うには、縦の空間をどれだけうまく使えるか?が大切ですよ!

 

スポンサードリンク

女性一人暮らしのインテリア1LDK編!カウンターキッチンの配置によっては贅沢なインテリアがおすすめ!

女性一人暮らしのインテリアで1LDKの場合は、カウンターキッチンがどのような配置になっているかも重要ですね。

というのも、女性一人暮らしのインテリアは1LDKの場合、このカウンターキッチンの配置をどう使うかが大切だからなんですね。

 

たとえば、女性一人暮らしの1LDKで、配置されたカウンターキッチン付近のスペースが十分である場合。

そのような場合は、高さのあるテーブルを配置して、3〜4人が一緒に座れる空間を作るのも良いでしょう。

 

このような配置をすると、食事を運んだり使い終わった食器を片付けやすいのも嬉しいポイント。

女性一人暮らしの1LDKでも、このようなスペースがあるとインテリアも上質に感じられます。

 

もし1LDKが狭い間取りであれば、テーブル自体は小さめでもOKですし、二人くらいで座るようなものでも良いでしょう。

女性一人暮らしのインテリアとして、食事専用のスペースがあるってインテリアとしてはかなり贅沢ですよね。

 

女性一人暮らしのインテリアは日々の癒しでもあるので、インテリアにこだわりたい部分は思い切ってスペースを取ることが必要。

その分、デッドスペースを小さくするように工夫すれば、1LDKの場合はかなりインテリアにも余裕を持たせることができます。

 

また、配置されたカウンターキッチンの幅が広いようなら背の高い椅子を合わせて、そのまま座れるようにするのもおすすめ。

この場合は、配置されたカウンターキッチン付近のスペースが狭くても、椅子だけで十分食事を取れるスペースを作ることができますね。

 

こういった家具配置ができるのも、女性一人暮らしのインテリアならでは!

贅沢に、大人っぽいインテリアを楽しんでみるのも、女性の一人暮らしにはおすすめです。

 

スポンサードリンク

女性一人暮らしのインテリア1DK編と1LDK編のまとめ

女性一人暮らしのインテリアについて1DKと1LDKの場合について、お伝えしてきました。

1DKも1LDKも、女性の一人暮らしでインテリアを楽しもうと思うと、決して余裕のある広さではないですよね。

 

しかし、そんな狭い間取りの中でもどう広く見せるか?がインテリアを楽しむためには大切です。

そのためには、まずは配置する家具の大きさからこだわりたいもの。

 

そうでなければ、女性一人暮らしの1DKや1LDKの狭い間取りでインテリアは楽しむことはできません。

たとえ縦長レイアウトでも、あなたらしいインテリアで過ごしやすい空間を作れるよう、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です