未分類

レターパック 追跡【番号・ライト・プラス・お問い合わせ・郵便局・確認】

スポンサードリンク

レターパック 追跡【番号・ライト・プラス・お問い合わせ・郵便局・確認】

レターパックは、日本郵便で出しているサービスです。

 

サイズの指定はA4サイズまでです。

 

重さは4キロまでです。

 

物品も送れますが、請求書や納品書などの信書も送付できます。

全国どこでも一律料金で送るのもおすすめポイントです。

 

レターパックは郵便局の窓口で購入できますが、窓口まで行くのが面倒なら、ネットショップでも購入できます。

 

郵便局のネットショップはこちらです。

 

https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/letterpack.aspx

 

レターパックとスマートレターが似ているけれど…

 

レターパックと似たものにスマートレターがあります。

 

スマートレターも郵便局のサービスの一つです。

 

レターパックとスマートレターはよく似ているので、しばしば混同されがちです。

しかし料金やサービス内容などが違うので、しっかり区別しておきましょうね。

 

スポンサードリンク

スマートレターはどういうもの?

 

スマートレターも全国どこでも一律料金です。

 

送料は180円で済むので、レターパックに比べると安いです。

 

ただし、レターパックよりも送れるものの制限が厳しいです。

 

厚みは2センチまでと決まっています。

 

A5サイズ、1キロ以内という指定もあるので気を付けましょう。

本当にちょっとしたものを送るのに向いているのです。

 

そして、スマートレターには追跡サービスがありません。

 

あなたが出したスマートレターがきちんと相手に届いているのか、気になっても追跡調査がネットからできないのです。

 

これは少し不便かもしれませんね。

きちんと届いていなくても自己責任になります。

 

スポンサードリンク

レターパックはどういうもの?

 

レターパックには、プラスとライトと2種類あることをまず知っておきましょう。

 

  • プラス…一律520円
  • ライト…一律370円

 

レターパックのプラスもライトも、全国一律の送料というのは変わりません。

 

しかし、プラスのほうが高いのです。

 

高い分、厚めの荷物を送る時にプラスを使えます。

 

4キロ以内であれば、3センチ以上の厚みがあってもOKです。

 

これに対してライトは、厚さが3センチを超えてしまうと送れません。

 

ライトではなくレターパックプラスでないと送れなくなってしまいます。

 

基本的に、レターパックはライトでもプラスでも追跡サービスがあります。

 

スポンサードリンク

レターパックは郵便ポストに投函するだけで送れる?

送れます。

郵便ポストに入る大きさのレターパックであれば、窓口に預けなくても、投函して送れます。

 

窓口からももちろん送っていいのですが、近くに郵便ポストがあれば自分で投函したほうが早いでしょう。

 

レターパックライトの大きさであれば、ポストに入るでしょう。

 

しかしレターパックプラスで厚みがある場合には、ポストの口に入らないかもしれないため、窓口を利用します。

 

レターパックプラスは、対面で届けてもらうことも可能です。

 

レターパックライトなら、ただ相手の郵便受けに入れるだけになりますが、レターパックプラスなら相手に直接届けてくれるのです。

 

そのため、相手はレターパックを受け取ったら署名が必要です。

 

確実に荷物を届けたい時は、レターパックプラスを選んでおくと安心ですね。

 

 

スポンサードリンク

郵便局の追跡サービスを利用する時

 

https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

 

日本郵便の追跡サービスを利用する時は、上記のurlリンクに飛びましょう。

 

お問い合わせ番号を入力すれば、レターパックの配送状況が確認できます。

連続番号で入力するのも可能です。

スポンサードリンク

-未分類

error: Content is protected !!

Copyright© 今日の検索ちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.