介護の給料は上がる?介護士の給料が安い理由と給料を上げるための方法を大公開!

介護の給料が上がるのは、今後見込みはあるのでしょうか?

というか、そもそもなんで介護士の給料はやすいのでしょう?

 

だって、介護の仕事をする人が足りないと常々言われていますよね。

それなのに、どうして介護の仕事の給料がなかなか上がることはないのでしょうか。

 

介護の仕事にやり甲斐をもって頑張っていても、これからも続けたいと思っていても給料が上がることがないなら、人間としてまともな生活ができませんよね。

 

今日は、こんな悩みにお答えする記事をまとめていきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

介護の給料は上がる?介護士の給料が安い裏事情とは?

介護の給料が上がることはないのでしょうか?

介護の仕事の不満って、常にいろいろなものがありますよね。

 

介護の仕事は4K(きつい、汚い、危険、給料)と言われています。

しかし、そういった不満といつも戦いながら、利用者の方には満足してもらえるように介護を頑張っているわけですよね。

 

それなのに、介護の給料が上がる見込みがないのなら、仕事を頑張るモチベーションだって続きません。

そういった矛盾した仕事内容を強いられているのが、介護の仕事に従事している人の悩みでもあります。

 

介護の給料は上がる?今後も上がらないの?

介護の給料が上がるのは一体いつなのか?

介護の給料は勤続年数が上がれば、給料も上がると言われていますが、実感としてはなかなか感じられないですよね。

 

そして、介護の仕事のお給料が上がるのか調べていると、実態としてこんな声が聞こえてきたのです…。

 

「うちの施設長、ベンツ買ってたのよ!」

「介護士の給料が上がるかどうか悩んでいるのに!」

 

他にも、こんな声も…。

 

「国からの補助金が全然、給料に補填されないと思ったら、社長の家のローンが完済したらしいわよ!」

「よほど施設経営が傾いてるのかと思ったのに、ローン完済って!」

 

うわ〜っ!こわい!!

 

って思っていたら、何もこの方たちが特別なんじゃないんですね。

この他にも、こういう声がじゃんじゃん聞こえてくるんです!

 

実際にこんなことが起こっていたら、介護の給料が上がるのか不安になるのは当たり前ですよね。

そう、介護士の給料が安い裏事情にはこんな理由が隠されていたのです。

 

介護の給料が上がると聞いて、なんとか頑張っているのに・・・。

これでは、介護の給料上がる上がる詐欺ですよね。

 

ただ、皆が介護の給料が上がるかどうかで悩んでいるのだったら、「みんな辛いんだ!我慢するしかない!」と思えるのかもしれません。

 

いや、実際きついんですよ!

でも何とか耐えるしかない!と思えるかもしれない…。

 

 

でも実際、上司であろうと、身近な存在がウハウハに儲かっている姿を見てしまったら、

 

なんで自分だけチャッカリ儲けてんのよ。つらい仕事は部下に押し付けておいて!」

「上司だったら、部下の生活ぐらいちゃんと保障しなさいよ!」

 

と思ってしまうのも仕方がないのかもしれません。

 

だって、介護の給料が上がるかどうか、ほんとうに生活がきつくてつらいんです。

愚痴を言う人が悪いわけではなく、愚痴を言わざるを得ない環境が悪いんですよね。

 

このまま介護の給料が上がるかどうか分からない状態では・・・。

いずれ、介護の仕事をする人が、ストを決行するのも時間の問題かもしれません。

 

しかし、どうしてこうも従業員ばかりが介護の給料が上がることなく、つらいのか?

介護の仕事をする人が足りていないのは、介護の給料が上がることがないからなのに・・・。

 

どうして、国は何もしてくれないの?

そう思いたくなってしまいますよね。

 

でも、真実はそうではないのです。

いや、これまで何かしらの対策はしてきていたんです、実は・・・。

 

その理由について、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

介護の給料があがることはないのはなぜ?介護職員処遇改善をしても介護士の給料が安い理由

介護の給料があがることはないのは、国が介護士を見捨てたからだと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、気が付かなかった方もいらっしゃると思いますが、これまでに以下のような内容で、介護の給料が上がる取り組みがされてきました。

 

(それ以上に、気がつかない程度の企画でしかなかったということになりますが・・・)

つまり、介護職員に対して「処遇を改善させる」対応がなされてきたんですね。

 

介護の給料が上がる仕組み「介護職員処遇改善加算」とは?

介護職員の処遇を改善させるため、介護職員のお給料を月額1万円程度上げる取り組みが、平成27年と平成29年に行われてきました。

 

しかし、介護の給料が上がるこの企画、ツッコミどころが満載だったのです。

まず、介護の処遇改善ってそもそも「介護の仕事の処遇が最低で、世間から見下されているんですよ〜!」と言わんばかりですよね、

 

それに、月にたった1万円増えたところで、どうやって生活を改善できるんでしょう?

申し訳ないんですが、何の意味もなかったです…。

 

だって、「介護職員処遇改善」加算がついても、元々の給料やボーナスが減っていっている状況なんですよ。

一万円給料が上がったところで、マイナスです。

 

これで、どうやって介護の給料が上がるのでしょうか?

 

まるまるプラスで、給料に一万円が上がってきたとしましょう。

でも、それでも介護職員の処遇はそれくらいで解決できるレベルではないほど低かったんです…。

 

本当にかなしいですよね。

実際問題、介護の仕事は残業や休日出勤などの問題もあるわけです。

 

これほど毎日、精神と体力をすり減らして働いているのに、「月1万円で何とか!」って介護職員も甘く見られたものです。

そう思いませんか?

 

それに、そんな一万円ですらも介護事業所によっては、介護の給料が上がることがないところもあるんです。

えー!どうなってるの?と思ってしまいますよね。

 

そう、「介護職員処遇改善」という名前でも、実際に処遇が改善されることはないということ。

「介護職員処遇改善」って名前も腹が立っていたけれど、処遇が改善されてないのに、この名前を名乗ってるのも腹が立ちます。

 

全然、介護の給料が上がることがないじゃない!

介護の給料が上がる方法はないの?

 

ということで次に、介護の給料が上がるための方法をご紹介します!

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がるための方法を大公開!

介護の給料が上がることは正直に言えば、このまま黙って仕事をしていても一生やってこないでしょう。

そう、介護の給料が上がるのは結局、一部の上の人だけなんですよね。

 

悲しいことですが、このままでは介護の給料が上がる見込みはないのです。

この状況では、もう自分たちで何とかするしかないんですよね。

 

介護の仕事はやり甲斐があるけれど、やり甲斐だけじゃ食っていけない!

そんな方におすすめなのが、介護夜勤を専従で働くという方法です。

 

こちらの記事に詳しくまとめているので、介護の給料が上がる方法を探している場合はチェックしてみましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です