介護の給料平均ランキング!給料が上がらないなら給料相場が高い施設で働こう!

介護の給料平均を見ると、「どこの施設も似たり寄ったりの給料なんだろうなぁ・・・。」と思っていませんか?

正直なところ、同じ介護の仕事でも他の人がどれくらいのお給料をもらっているかは、なかなか聞けないですよね。

 

そんな中で、「一生懸命、仕事を頑張っているけど実際、私の仕事ぶりとお給料って割りにあってる??」なんて、思ってしまうこともあるかもしれません。

今日はそんな疑問にお答えするべく、介護の給料平均ランキングについてご紹介します!

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

介護の給料平均ランキング!介護の職種で給料平均が高いのはどんな職種?

介護の給料平均ランキング、まずは介護の職種の中で、給料平均が高い職種は何なのか?を見ていきましょう。

そもそも、介護の仕事と言ってもその職種は細かく分かれていますよね。

 

当然の事ながら、介護の仕事内容も変われば、お給料にも違いが出てきます。

まず、その違いについて、介護の給料平均ランキングで見ていきましょう。

 

介護の給料平均ランキング(職種別・月給ベース)

第四位:介護職員(約30万円)

第三位:介護の事務職員(約30万円)

第二位:生活相談員(約32万円)

第一位:ケアマネージャー(約35万円)

 

介護の給料平均ランキング、こちらの結果は見やすいように千円単位を四捨五入しました。

月収の平均としては、第三位の事務職員と第四位の介護職員とでは一万円弱の差がありますね。

 

しかし、これは月収ベースでの平均給料です。

つまり、時給計算ではまた見方が変わってくるんですね。。

 

言い換えれば、同じ1時間働いたとしても、その1時間分の価値(お給料に反映される部分)は職種によっても異なるということ。

そちらについても、確認していきましょう。

 

介護の給料平均ランキング(職種別・時給ベース)

第四位:事務職員(約1000円)

第三位:介護職員(約1200円)

第二位:生活相談員(約1300円)

第一位:ケアマネージャー(約1500円)

 

介護の給料平均ランキング、こちらについても見やすいように十円単位は四捨五入しています。

介護の給料平均ランキングでは、第四位の介護職員と第一位のケアマネージャーでは、一時間あたり500円もの差があることが分かりますね。

 

もちろん、第一位のケアマネージャーと、第二位の生活相談員(支援相談員)では、介護の保有資格としてもより希少性の高いであることは言うまでもありません。

一方で、第四位の介護職員は資格がなくても働ける、という部分が大きいのでしょうね。

 

そのような背景から、労働時間に対してもその分、給料の価値が付加されているといえるでしょう。

スポンサードリンク

介護の給料平均ランキング!職種別の給料平均から分かること

介護の給料平均ランキング、職種別の給料平均では特に注目していただきたい項目があるんですね。

それは、介護の給料平均ランキングの月給ベースと時給ベースでは第三位と第四位が入れ替わっている点です。

 

このことから、介護職員は比較的、時間分の労働価値が高いということが分かりますよね。

つまり、言ってしまえば、介護職員にとってはバイト勤務が一番割に合う働き方としておすすめということ。

 

もちろん、施設によっても異なります。

ですから一概には言えないのですが、バイト形態での勤務は、介護職員にとっては都合の良い働き方ということはいえるでしょう。

 

でも、介護職員の中からは、こんな声も聞こえてきそうですね。

「そうはいっても、パートだけじゃやっていけない!」

 

そんな風に嘆いているあなたにおすすめなのが、介護の夜勤バイト専従という働き方。

意外や意外、あなたの働き方の価値観がガラリと変わってしまうかもしれません!

 

 

スポンサードリンク

介護の給料平均ランキング!介護施設別の給料平均が高いのはどこ?

介護の給料平均ランキング、続いては介護施設別の給料平均についてです。

介護の給料というのは、同じような仕事内容で働いていても、実は施設形態でお給料が変わってくるんですよね。

 

さっそく、その詳細を覗いてみましょう。

介護の給料平均ランキング(介護施設別・月給ベース)

第三位:訪問介護事業所(約29万円)

第二位:介護老人保険施設(約31万円)

第一位:特別養護老人ホーム(約32万円)

 

介護の給料平均ランキング、介護施設別ではこのような順番になってくるんですね。

月給ベースですが、第一位の特別養護老人ホームと第三位の訪問介護事業所では月に3万円もの差があることが分かります。

 

同じような業務内容だとしたら、結構な差額に感じてしまいますよね。

また、この介護の給料平均ランキングも、時給ベースでは様子が異なります。

介護の給料平均ランキング(介護施設別・時給ベース)

第三位:特別養護老人ホーム(約1200円)

第二位:グループホーム(約1200円)

第一位:訪問介護事業所(約1300円)

 

介護の給料平均ランキングの時給ベースの結果は、見やすいように十円単位を四捨五入しました。

厳密に言えば、時給の平均としては、第三位と第二位の間には百円弱の差があります。

 

同じ介護の仕事でも、施設形態別の給料ランキングでは比較すると、特別養護老人ホームが給料が高い傾向にありますね。

これは施設の特徴として、重い介護が任されるなどの要素が関係していることも挙げられます。

 

また、時給ベースでは訪問介護事業所が第一位となっていますね。

しかし、利用者の方のお宅に車などで訪問する際の時間は、給料に反映されない場合が多いのです。

 

そのほかにも、例えば年齢や保有資格などによっても、お給料に影響が出てくるのは間違いありません。

しかし、単純に言ってしまえば、働き方で介護の給料平均も変わってくるということ。

 

もちろん、あなたがどういった働き方をしたいのか?ということも介護の給料と同じくらい大切なことです。

ぜひ今回の介護の給料平均ランキングを参考に、今後の働き方を考えてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です