介護の給料平均はいくら?介護士の給料が安い理由と給料が上がる方法!

介護の給料平均はいくら?

介護士の給料って安いとは思っていたけど、まさかこんなに安いとは・・・。

 

あなたもそんな風に嘆いているのではないでしょうか?

そして、「やっぱり、ウチの介護事業所が他の所よりも、特に介護士の給料が安いのかな・・・」なんて考えていませんか?

 

そんな疑問にお答えすべく、今回は介護の給料平均についてお伝えしていきます。

実際に、介護の給料平均を調べてみると、おもしろいことが分かってきました!

 

さっそく、介護の給料平均について見ていきましょう。

スポンサードリンク

介護の給料平均の実態とは?介護士の給料は今後上がる?

介護の給料平均、その実態についてズバリ確認してみましょう。

結論から言えば、介護士の年収は平均で320万円ほどと言われています。

 

でもこれは、介護士の手取りの収入ではないんですね。

税金などを差し引くと、手取りで250万円ほどとなります。

 

これを毎月の月収として換算してみましょう。

すると介護士の月収は20万円ほどで、これが介護の給料平均といえます。

 

うーん、やっぱり介護の給料平均って少ないですよね。

かなしい。

 

だって、介護の給料平均を見ると、大学を卒業したばかりの人の初任給と変わらないか、もしくは少ないという事実が浮き彫りになってしまいます。

しかも、大学を卒業したての人の給料は、今後も年々上がっていきますよね。

 

そんな中で、介護の給料平均は減少傾向にあるんですよね。

でも、そうは言っても、これはあくまで給料平均です。

 

介護の給料平均だって、色々な事情によって変わってきますよね。

たとえば、年齢にもよりますし、保有資格によっても差が出るところです。

 

それに、お住いの地域や勤めている施設によっても、かなり異なるのが事実なんですよ。

ということで、もう少し介護の給料平均の実態を深掘りしていきましょう。

 

スポンサードリンク

 介護の給料平均の比較から見えてくる介護士の給料が安い理由

介護の給料平均の実態について、比較をしながらもう少し詳しく見ていってみましょう。

ここでは、先ほど見てきた介護の給料平均を、他業種の平均給料などと比較していきたいと思います。

 

そこで、実際に介護の給料平均がどうなのか?ということを確認していきますね。

他の仕事の給料平均と比較をして、他の仕事の給料平均もみんなが少ないのであれば、それは普通ということになってきますから…。

 

介護の給料平均と他業種の給料平均の比較

介護の給料平均について、毎月の月収を換算すると月収20万円ほどだということを先ほどお伝えしましたよね。

ちなみに、業種などの垣根を超えて、全産業における給料平均(月給)を確認すると、平均30万円です。

 

もちろん、この給料平均には、時間外手当や休日出勤手当などは含んでいません。

よって、大体の給料平均ということになりますね。

 

うん、それでもやっぱり、介護の給料平均が少ない、ということは認めるしかなさそうです・・・。

介護の給料平均は残念ながら、平均月収でみると仕事は他の仕事よりも、月収にして10万円ほどの違いがある事がわかりますね。

 

あくまで平均で、他に資格手当などもあるとはいえ、月10万円の違い・・・。

言うまでもないかもしれませんが、これって結構な差額ですよね。

 

月に10万円も違ってくれば、年間では軽く100万以上変わってきます。

仕事は違うにしろ、1日でみたら3000円黙っていても手に入るという事ですよね。

 

実際のところ、介護士へのアンケートでは、介護の仕事をする中での不満は「給料の低さ」が上位に上がっています。

介護の給料平均の低さは実感としても確かなものですし、他の業種の給料平均と比べた実態としても確かなことがわかりました。

 

ちなみに、同じ職場のスタッフでも看護師ならば1.5倍の年収になります。

もちろん、看護師ならではの大変さや苦労もあるとは思いますよ。

 

でも、そんなの介護の仕事だって同じですよね!

介護の仕事は4Kとも言われ、それに相まって人手不足からも仕事の苦労は大変なものです。

 

それでいて、介護の給料平均が満足できるものではないとすれば・・・。

介護の仕事につく人はどんどん減り、職員一人当たりにのしかかる4Kの重みも増してきます。

 

まさに負のループといえることが、ここから分かりますよね。

どうしたら介護の給料平均が良くなるのか・・・。

 

もう少し実態を見ながら、考えていくことにしましょう。

 

スポンサードリンク

介護の給料平均と他業種の給料平均、同年齢だったらどう違う?

介護の給料平均が、他業種の給料平均に比べて少ないことは分かりました。

でも、年齢によって給料の額ももちろん変わってきます。

 

必要な給料平均だって、年齢に応じたライフステージによっても変わってきますよね。

ちなみに、介護の仕事に関わる人の平均年齢は、40歳と言われています。

 

この介護士40歳の給料平均は、年収で約300万円。

この介護士の給料平均を、毎月の月収として換算すると約25万円となります。

 

これを業種などの垣根を超えて、全産業における同年齢40歳の給料平均は、年収ベースで約330万円です。

これを毎月の月収として換算すると、給料平均は約28万円となります。

 

確かに介護の仕事をしている人の方が、変わらずに給料平均が低いことが言えますよね。

しかし、先ほどの年齢を加味しない全体平均の場合では、給料平均に月10万円もの違いがありました。

 

それが40歳では、3万円の差に縮まっていることが分かります。

これは前向きにとらえてみましょう。

 

すると、介護の仕事の方が平均給料の伸び率は高いと判断できるのではないでしょうか。

それでも、稼ぎ時の四十路。

 

暮らしている地域にもよりますが、月25万円では暮らすのがやっとというところです。

家族を養うだけの余裕はなく、生活は厳しい状態ですよね。

 

月々の住宅ローンや子どもの進学費用のための貯蓄はおろか、収支が合わないこともあります。

毎日、これだけ介護を必要とする人のために汗水垂らして頑張っているのに、給料として反映されず評価されないなんて…。

 

それにしても、なんで介護の給料平均がこんなに安いのでしょう?

そんな介護士の給料が安い理由について、詳しくはこちらの記事にしていますので確認してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

介護の給料平均が安い理由から抜け出すためのたった一つの方法とは?

介護の給料平均が安い。

年齢を重ねていくことで、他の仕事の給料平均との差は縮まってくるけれど、それでもやっぱり介護の給料平均は安い。

 

そんな事実が見えてきた中で、次に気になるのはたった一つです。

そう、どうしたら介護の給料が上がるのか?ということですよね。

 

そう、介護の給料平均は安いけど、なんとか介護の給料を上げる方法はあるのです!

その方法について、こちらに詳しくまとめています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です