介護の給料が上がる5つの方法!介護士の給料が安い理由から抜け出すためには?

介護の給料が上がるにはどうしたらいいのか?

あなたもこんな風に悩んでいないでしょうか。

 

介護の仕事ってある程度、仕事ができるようになると今後は給料がどれくらい上がるのか不安になってきますよね。

また、自分の仕事量とお給料って見合っているのかな?と思うこともあります。

 

やはり介護の仕事は、給料が上がることが少ないと言われているので、無理もないですよね。

今日はそんな中で、介護の仕事でお給料を上げる方法をご紹介していきます!

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる方法①まず現状をよく知ることが大事

介護の給料が上がるためには、まず前提として現状をよく知っておくことが大事です。

介護の給料は、施設形態などにもよるものの正社員で働く介護の仕事のお給料は、月収で15〜17万程度。

 

また、介護の給料は年収でいえば、250万〜270万程度です。

あなたはこの介護の給料を改めて見て、どのように思われるでしょうか?

 

実際のところ、介護の給料の金額は、他の業種の仕事と比べると安いと言われています。

また、大卒の初任給平均20万円と比べても、決して満足できるものではないですよね。

 

厳しいことを言えば、介護の給料だけで家族を養っていくことは大変かもしれません。

そして、それが原因で結婚できない、と言われることも多いのが介護の仕事のつらいところ。

 

介護の仕事は、利用者の方から感謝されることも多いですし、人の役に立つやり甲斐ある仕事ですよね。

だから、できることなら他の業種に転職せずに給料が上がる方法を見つけていきたい。

 

そう思うのも当然かもしれません。

介護の給料を考える上で、現状を整理するとこんな感じになると思います。

 

幸いにして、介護の仕事は一度仕事を覚えてしまえば、ずっと活かして仕事をすることが可能ですよね。

そんな中で、今のスキルを活かしながら、介護の給料が上がる方法をさっそく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる方法②資格をとって他の介護士との差別化を図る

介護の給料が上がる方法として、まずはじめに考えたいのが資格をとることです。

そう、もしも資格を持たずにあなたが介護の仕事をしているのなら、介護の仕事を取得してみることがおすすめなんですね。

 

もちろん、介護の給料が上がる可能性が高い、ということもありますが、それ以外にも専門知識が身につき、より仕事に役立つのも良いところ。

また、資格取得による利用者や同僚からの信頼も上がりますよね。

 

つまり、介護の仕事をしていく上で資格を取得するということは、お給料の面が改善されるということだけでなく、仕事をしやすくする環境を整えることに繋がるのです。

 

また、自分自身のモチベーションも高まるので、介護の仕事をしていく上での自信と自覚を身に付けることができますよね。

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる方法③手当をもらってコツコツ給料を上げる

介護の給料が上がる方法として、二つ目におすすめの方法が様々な手当をもらうこと。

介護の仕事は施設形態によっても異なりますが、特別手当てを付けられることも多いですよね。

 

この手当の仕組みをうまく利用すれば、同じ時間働いても数万円変わってくることもあります。

例えば、手当を複数組み合わせてGETすれば、途端に介護の給料が上がるでしょう。

 

特に、介護の給料が上がるおすすめの手当は夜勤手当ですね。

それについては、こちらの記事で詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる方法④介護の仕事でキャリアアップを狙う

介護の給料が上がる方法として、三つ目におすすめなのが介護の仕事でキャリアアップを狙っていくことです。

たとえばなのですが、あなたは「介護福祉士」の資格を取得していますか?

 

もし取得していたなら、ケアマネージャーや生活相談員の資格取得し、さらにキャリアアップすることを目指すべきなんです。

でも、そうは言っても「ケアマネージャーや生活相談員ってもう世間では溢れていて、なりにくいって聞くけどどうなの?」と思われるかもしれませんね。

 

介護業界においては、確かにそういった時期もありました。

ケアマネージャーや生活相談員になりにくい、と言われた時代ですね。

 

しかし、年齢的な部分からその仕事を辞められる方もいるため、最近ではケアマネージャーや生活相談員にも常になれる余地はあるんですね。

それらの資格でキャリアアップが期待できれば、合わせて役職手当なども付くので更に介護の給料が上がることが予想できます。

 

たとえば、役職手当がつくことで、月に3万円も違ってくることもあります。

つまり、介護業界では年齢よりも資格やスキル、どういった経験をしてきたかが大事。

 

それによって、まだまだ給料を上げる余地は残っているんです!

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる方法⑤介護の給料が上がる施設へ転職する

介護の給料が上がる方法として、4つ目におすすめなのが違う施設へ転職することです。

これまでおすすめしてきた介護の給料が上がる方法も、実際に試してみたことがあるものもあったかもしれませんね。

 

そんな中で、おすすめしている介護の給料が上がる方法でも「自分も実践してきたけど、そんなに給料が上がらなかった」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな時は、もしかしたら「ハズレの介護施設」で働いているのかもしれません・・・。

実は、介護の仕事をしている多くの方は、残念ながら他の介護施設で働いた場合のお給料を分からない、ということが多いんですね。

 

当たり前かもしれませんが、介護業界ではその介護施設によって給料や待遇が全然違います。

基本給はもちろんですが、細かな手当があるかないかも介護の給料が上がるには重要なんですね。

 

つまり、何千円かの手当でもチリも積もれば山となって、介護の給料に大きな差を生じるのです。

ご自身が今働いている介護施設が、どのくらい従業員に対して還元してくれているかを知るには、他の施設の職員募集要項に目を通してみるのも良いでしょう。

 

そして、今働いている介護施設よりも高い給料のところがあれば、思い切ってそちらに転職するのも良いかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる方法まとめ

介護の給料が上がる5つの方法をここまでご紹介してきました。

ですが、最後にお伝えするとすれば、一番いいのは介護の仕事をしながら、副業をすることです。

 

というのも、介護の給料が上がる方法にも、やはり限りがあるからなんですね。

つまり、いくら介護の仕事の給料を改善する方法を実践しても、上がる金額というのは上限があるということ。

 

頑張れば一人当たり、無限に給料をもらえるわけではありませんよね。

そのように考えると、一つの方法でお金を稼ぐよりも、お金が入ってくる箇所を増やす方が、沢山のお金を稼ぐことができます。

 

インターネットなどでは、様々な副業が紹介されているので、自分に合った副業を見つけてみるのが最短のコツかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です