介護の給料が上がる最強手当まとめ!介護士の給料が安い理由から脱却せよ!

介護の給料が上がる方法はないの?

介護の仕事の給料は一見少なく見えますよね。

 

しかし意外や意外、実は手当をうまく利用する事で、介護の給料が上がることも可能なんです!

介護の給料が上がるかどうか悩んでいる方や、それが理由で他の業種への転職を考えている方は非常にもったいない事ですよ。

 

介護の給料が上がる、手当をうまく組み合わせる方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

介護の給料が上がる!魅力的な手当をうまく使おう!

介護の給料が上がるかどうかは、手当次第といっても過言ではありません。

というのも、介護の仕事では施設形態や事業所の特徴などによって、さまざまな手当を用意されているところが多いからなんですね。

 

やはり、介護業界は人材不足が声高に叫ばれているため、雇われる側が優位な売り手市場となっています。

そのことからも、介護士を雇う側の事業者は、介護の仕事をする人を求めて取り合いの状況。

 

つまり、他の事業所よりも介護の給料が上がるような、少しでも良い条件を出すことで優秀な人材を集めることに必死なんです。

では、どのような手当を出すことで、その他の事業所と差をつけ、就職希望を受けやすくしているのでしょうか?

 

介護の給料が上がる手当について詳しく見ていきましょう!

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がるプレゼント手当とは?

介護の給料が上がる手当というのは、さまざまなものがあります。

たとえば、どこの業界でも一般的ではありますが、家族手当や住宅手当など支給条件が決まっているもので介護の給料が上がることも。

 

また、介護の仕事をする上では、利用者宅に直接向かうような場合もありますよね。

そのような時に、職員が損をしないように配慮している移動手当も、介護の給料が上がる手当の一つ。

 

そのほかにも、仕事へのモチベーションを上げてくれる土日祝日の出勤手当なども、介護の給料が上がる手当ですね。

どうしても、土日祝日の出勤は家族と過ごす時間が減ってしまったり、他の人が休みの時に働くのが憂うつになります。

 

そんな時に気分を盛り立ててくれる手当は、介護の給料が上がる以外にも効果がありますよね。

同様に、年末年始の出勤に対しても手当が用意されているところもあり、そのような手当を積み重ねていくことで、介護の給料が上がるのです。

 

たとえば、年末年始手当は施設にもよりますが、1日で2000〜4000円も日給が上がるところもありますよ。

年末年始で他の人が休んでいるときに仕事をするのはちょっと憂鬱ですが、いつもと同じ内容の仕事をするだけなのに、給料が上がるのは嬉しいですよね。

 

この手当で、仕事帰りに年末年始を豪華に過ごすこともできてしまいそうです!

介護の給料が上がる手当の一つ一つは何千円とかなので、それほど大きい金額でない場合もあるので、地味に思うかもしれません。

 

しかし、塵も積もれば山となる、です。

複数の手当が重なれば、1ヶ月で何万円もの差に繋がります。

 

そのほかにも入社特典のお祝い金を設けているところや、子育て手当、介護応援手当、食事手当などを準備しているところもあります。

このような手当を組み合わせて、介護の給料が上がるように工夫するのも一つですね。

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる手当はさらにすごいものも!

介護の給料が上がる手当は、ほかにもすごいものがあるんですね。

もちろん、内容や金額などはそれぞれの事業所によって違いはあります。

 

まずはこのような手当がある、ということを知っておくこと。

そうでないと、損をしてしまいますからね。

 

そして、次に働く職場を探す時には、どんな手当があるかなどの違いにも注目して探していきましょう。

どうせ同じような仕事内容を行うのなら、なるべく介護の給料が上がるように手当をGETしたいものですね!

 

そして、ここまででご紹介した様々な手当というのは、金額やもらえる条件などがすでに固定されているものが多いです。

しかし、介護の給料が上がる手当の凄さはここからです!

 

今からご紹介する手当は、なんとご自分の働き方次第で、どんどん金額を増やす事が可能だからです。

夢がありますよね!

 

もはや、介護の仕事の給料が上がるかどうかは、自分で決める事ができるのです。

詳しくは、こちらの記事で紹介していますのでじっくり読んでみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる夜勤手当をもらわないと損をする?

介護の給料が上がる方法として、夜勤手当はもらわないと損をするレベルです。

介護の仕事の夜勤というと、どんなイメージをしますか?

 

ただでさえ皆が眠っている間に働くなんて、大変そうだし体力もいるし…。

日中よりも、さらに人出が少なくなるし…。

 

おまけに、お年寄りは夜間になると体調が安定しないことも多いですし、何かあったらもう大変!

考えるだけで、つらそうだと思っていませんか?

 

でも、大変なことをタダで引き受けて!という無茶ぶりをしてるわけではないんです。

誰でも大変なことは嫌なもの。

 

だからこそ、その分をねぎらう形で手当として反映させているんですよね。

しかも、確かに夜間の大変さというのはありますが、ちゃんと対処の仕方を知っておけば大丈夫です。

 

毎回、どの施設でも夜間が戦場のようだったら、介護の仕事は成り立ちませんからね(笑)。

気になる夜勤手当の美味しい部分と、夜間ならではの大変さを払拭する方法を見ていきましょう!

 

介護の給料が上がる夜勤手当の仰天金額

介護の給料が上がる、夜勤手当の秘密。

それは施設にもよりますが、一回夜勤に入るだけで5千円〜1万円弱までの夜勤手当が期待できるんですよね。

 

一般的に、1ヶ月あたりの夜勤回数は4、5回程度と言われています。

つまり、これだけで2、3万円は確実に給料に上乗せされるわけですね。

 

介護の給料が上がるかどうか心配な介護士にとって、これは美味しい話です。

なぜなら、不安定なボーナスや昇給を見込むよりも、確実に自分の思惑通りに、給料をあげることができますからですね。

 

このうまみに味を占めて、日勤に魅力を感じなくなり、夜勤専任で働く方もいるくらいです。

給料が安いと言われる介護の仕事なのに、おいそれとガッポリ稼いでしまうことでしょう!

 

でも、こんな風に感じていないでしょうか?

「でもやっぱり夜勤って大変!こういう人たちは、どうやって乗りきっているのかしら?」

 

こんな悩みを持つ方も多いと思うんですよね。

介護の仕事はただでさえ重労働ですし、夜勤ともなればさらにつらい・・・。

 

でも実は、しっかり対処方法を確立させておけば、夜勤のオペレーションも恐くありません!

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる夜勤の攻略方法

介護の給料が上がる夜勤は魅力的だけど、やっぱりつらい。

そう思いがちですが、実は介護の夜勤は、日勤に比べると業務内容がシンプルです。

 

これは、基本的にはみんな寝ているからなんですね。

ですので、基本は寝ている人の状態チェックと、寝ない人への対応ということになるかと思います。

 

日勤で時間を割かれる食事や、レクレーション活動もないので比較的、自分のペースで仕事することができるんですよね。

しかし一番気になるのが、利用者の方の急変だと思います。

 

これに対しては、状況ごとに場合分けをして対応をフローチャートなどでまとめておくと安心なんですね。

また、対処の仕方がどうしても不安だったり、分からない場合には、すぐに対応を確認できるよう、上司などに事前に確認しておくと無難でしょう。

 

それによって、夜勤前に不安要素を解消しておくことも可能です。

介護の給料が上がる要素が夜勤には詰まっていますから、このチャンスを逃してはもったいないですよ。

 

介護の給料が上がる夜勤の良さはそれだけじゃない!夜勤が介護の仕事を救う理由とは?

介護の給料が上がる夜勤の仕事。

でも、夜勤の良さはそれだけではないんですね。

 

通常の日勤では、だいたい丸一日がお休みになります。

しかし、夜勤明けで翌日がお休みの場合は、1日半以上のまとまったお休みを取ることができます。

 

これを利用して、夜勤を頑張った分、心ゆくまで熟睡することもできます。

また、日中は他県まで遊びに行ったり、プチ旅行を楽しむことも可能です!

 

夜勤手当で通常よりも多くのお金を稼いでいるので、まとまったお休みをたっぷり遊べるだけのお金の余裕も出てきますよね。

まとまった休みの時間があれば、どんな使い方もできます!

 

家族と過ごす時間、趣味に没頭する時間…。

ダブルワークなんていうのも可能なんです!

 

介護の給料が上がる夜勤は夢がいっぱいです。

介護の仕事をしているのなら、ぜひ夜勤を積極的にやってみるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

介護の給料が上がる手当まとめ

介護の給料が上がる手当、実はいろいろ存在しているんですよね。

確かに、介護の仕事は給料が上がることがあまり少ないのですが、その代わり手当を組み合わせれば、昇給よりも給料が上がる可能性が高いのです。

 

あなたもGETできる手当は積極的にもらえるように、チャレンジしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です