先住犬が吠える時の対策は?多頭飼いによる後輩犬や子猫に威嚇してしまう時の対処法

先住犬が吠える時の対策はどうしたらいい?

多頭飼いで後輩犬や子猫を迎えると、先住犬が吠えるようになって困惑してしまうことも多いもの。

 

こんな時、どうしたら先住犬が後輩犬や子猫と仲良くしてくれるか悩んでしまいますよね。

今回は、そんな多頭飼いの悩みを解決する方法をお伝えしていきます!

スポンサードリンク

多頭飼いで先住犬が吠える!問題行動をやめさせるには?

多頭飼いで先住犬が吠えるようになった・・・。

どうしたら先住犬が後輩犬や子猫と仲良くしてくれるの?

 

先住犬が吠えると、後輩犬や子猫はもちろん先住犬にもストレスがかかってお互いに幸せじゃないですよね。

多頭飼いや子猫を迎えるのが間違いだったのかも、なんて気持ちにもなってしまうかもしれません。

 

しかし、先住犬が吠えるのを止めさせるためには、まずは先住犬がどうして吠えるのか?を考えることが大切です。

そう、先住犬の気持ちをわかってあげることが、先住犬の吠える行動をやめさせるには一番。

 

もちろん、先住犬に頭ごなしに吠えるのを止めるようにしつけることもできます。

しかし、先住犬のためにも、まずは「なぜ先住犬が吠えてしまうのか?」を理解すること。

 

そして、先住犬が吠える原因をなるべく解決してあげることが大切なんですね。

たとえば、先住犬が吠えるのはヤキモチからなのかもしれません。

 

先住犬は多頭飼いや後輩犬・子猫が来たことで、仲間ができたというよりも先に、ライバルが出現したと危機感を感じて吠えることもあるんですね。

そんな場合には、先住犬と後輩犬・子猫をいきなり同じ空間で暮らさせるのではなく、少しずつ一緒に居る時間を増やすようにしてみましょう。

 

先住犬が、これまでと同じように自分の安全が保たれているのだと気づけば、安心して吠えることも少なくなってきます。

また、先住犬と後輩犬・子猫が打ち解けることで、先住犬が吠えることもなくなってくる、ということもよくあるんですね。

 

ですから、まずは先住犬が吠える原因を潰すことが一番。

それでも、先住犬が吠える行動を変えないようであれば、やはりしつけで吠える行動を抑えるようにすることも大切です。

 

もちろん、先住犬がもともと吠えるタイプであれば、多頭飼いする前に吠えるクセを直しておくことが望ましいですよね。

後輩犬にとっては、お家のルール=先住犬がやっていることなので、先住犬が吠えるようだと後輩犬もいずれ吠えるようになります。

 

人間の兄弟でも、お兄ちゃんがやっていることは下の子も真似しますよね。

これは、先住犬と後輩犬の間でも同じなんです。

 

ですから、もし先住犬も吠えるクセがある状態で後輩犬を迎える場合は、先住犬と後輩犬の両方を吠える行動を止めるようにしつけていくことが大事です。

人間でいえば、怒られるお兄ちゃんを見て、下の子も我がふりを直す、ということですね。

 

また、「先住犬の吠える行動を止めさせたいけれど、うまくしつけられない・・・」ということもあると思うんです。

効果的な方法としては、ペットボトルに小石を入れて先住犬が吠えたら、ペットボトルを落としてびっくりさせる、という方法。

 

しかし、先住犬も慣れてくるとまた吠えるようになってしまったり、いたちごっこですよね。

先住犬の吠える行動がエスカレートすると噛むこともありますし、一番不幸なのは先住犬です。

 

やはり多頭飼いするなら、問題行動はしっかりなくしておかないといけません。

そんな時におすすめなのが、こちら。

↓↓↓

ドッグトレーナー不要
しつけをするならしつけくん

 

「しつけくん」なら先住犬の吠えるなどの問題行動も、効果的にしつけができるんですね。

それに、「しつけくん」は万が一しつけがうまくいかなかった場合でも、全額返金保証やキャッシュバックキャンペーンも実施しているんです。

 

そのため、安心して先住犬の問題行動もしつけができますし、返金保証がついているなら、むしろ使ってみないほうが損ですよね。

先住犬の吠える行動を直したい場合は、まずは「しつけくん」の詳細を確認してみましょう。

無駄吠え防止グッズのしつけくん

スポンサードリンク

先住犬が吠えるようになった!後輩犬や子猫と仲良く暮らすには?

先住犬が吠えるようになったけれど、後輩犬や子猫と仲良く暮らす方法はあるの?

こんなふうに悩まれる方も多いと思います。

 

しかし、結論から言えば、吠える先住犬でも後輩犬や子猫と仲良く暮らすことは可能です。

それは、前章でもお伝えしましたが、先住犬にとって後輩犬や子猫が「無害な存在である」と理解することができれば良いからなんですね。

 

もちろん、先住犬の性格にもよりますが、敵としてみなさなければ攻撃する必要もありませんよね。

ですから、まずは先住犬と後輩犬、子猫の接触頻度を徐々に増やすようにしてみましょう。

 

そして、先住犬を優しく押さえながら、後輩犬や子猫の臭いを嗅がせます。

要するに、挨拶をさせるんですね。

 

そのようにして、先住犬や後輩犬、子猫の様子を見守ってみましょう。

また、先住犬が吠える・噛むなどの行動が気になる場合は、一時的に口輪をしてあげると安心できますね。

 

このようにして、先住犬と後輩犬、子猫との関係を見守ってあげましょう。

多くの家庭で多頭飼いをしているわけですし、個体差はあっても社会性を身につけることで、うまく暮らせるようになることも多いものです。

 

安全面だけはしっかり配慮する必要がありますが、しつけも合わせて行いつつ、多頭飼いライフを満喫してみてくださいね。

こちらもおすすめ:犬の多頭飼い、先住犬が弱い・逃げる時の対処!気が強い子犬と喧嘩させないためには?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です