児童相談所の一時保護の流れとは?一時保護の期間や解除条件などを徹底解説!

児童相談所の一時保護について、最近耳にすることも多いですよね。

しかし、児童相談所の一時保護というのは、実際どんな風に進められるのでしょうか?

 

たとえば、児童相談所の一時保護の流れや期間、またどういった解除条件があるかなど、あまりピンとこないことが多いですよね。

今回は、そのような児童相談所の一時保護について、その流れや期間、解除条件についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

児童相談所の一時保護、その流れとは?

児童相談所の一時保護は、一体どのような流れで進められていくのでしょうか?

その流れについて、まずは簡単に見ていってみましょう。

 

児童相談所の一時保護の流れ
  1. 子ども本人や保護者自身からの相談、または近隣の住民や学校・病院などの機関から児童相談所へ通告が入る
  2. 子どもの安全確認を児童相談所が行う。
  3. 児童相談所の方で、子どもや保護者との面談を行う。学校など普段関わっている機関から情報収集を行う
  4. 児童相談所で一時保護を行う

 

児童相談所の一時保護は、基本的にこのような流れで行われます。

しかし、児童相談所が一時保護をする一番の目的は、子どもの安全を確保することですよね。

 

そのため、子どもが危険な目にあっている場合など緊急を伴う場合には、この順番が前後されることもあります。

つまり、まず初めに児童相談所の方で、子どもを一時保護して、その後に情報収集を行っていくということ。

 

児童相談所での一時保護の流れは、ケースバイケースのことも多いですが、基本的にはこのような流れになっていることを理解しておきましょう。

 

スポンサードリンク

児童相談所の一時保護の期間は決まっている?

次に、児童相談所の一時保護の期間について。

児童相談所の一時保護の期間は、具体的にどのように決まっているのでしょうか?

 

実は、児童相談所の一時保護の期間というのは、元々は決まっていませんでした。

しかし、児童相談所の一時保護の期間が決まっていないと、子ども・保護者ともに不安になってしまうことが多かったんですね。

 

もちろん、児童相談所の一時保護は、子どもや保護者が不安にすることが目的ではありません。

これでは、人権としても大きな問題を伴ってしまいますよね。

 

それに、知らないところで暮らすことやいつ戻れるか分からないというのは、子どもの大きな精神的負担をもたらすことになります。

このような流れから、児童相談所の一時保護についてはおおよその期間が定められるようになりました。

 

児童相談所の一時保護の期間は、基本的に二ヶ月間となっています。

しかし、状態が改善しない場合は、児童相談所の一時保護は延長されることになるんですね。

 

たとえば、以下のような場合に児童相談所の一時保護の期間が延長されることになります。

児童相談所の一時保護の期間が延長される場合
  • 家庭裁判所に審判申し立ての最中である場合
  • 入院や通院が必要な場合
  • 保護者との連絡が取れない場合

 

このような場合には、児童相談所の一時保護の期間は延長されることになります。

基本的に、子どもの安全が確実と言えない場合には、児童相談所の一時保護を解除することはできませんよね。

 

そのため、おのずと児童相談所の一時保護の期間が延長されることになる場合が多いようです。

それでは、どのような場合に、児童相談所の一時保護が解除されるのでしょうか?

 

児童相談所の一時保護の解除条件について、確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

児童相談所の一時保護、その解除条件とは一体?

児童相談所の一時保護、その解除条件とは一体どうなっているのでしょう?

もちろん、児童相談所の一時保護の解除条件についても、明確に基準が決められているんですね。

 

基本的には、以下のような条件に当てはまれば、児童相談所の一時保護が解除されることになります。

児童相談所の一時保護の解除条件
  • 子ども自身が、家庭に戻りたいという意思を持っていること
  • 子どもに危険が及ぶ可能性がないこと
  • 子どもへの危険を防ぐための体制が万全であること

 

このような条件が整えば、児童相談所の一時保護が解除されることになります。

しかし、一度児童相談所が一時保護を行えば、一時保護が解除されることはなかなか難しいでしょう。

 

人の命が関わっていることでもあるので、当然と言えば当然かもしれません。

そう、児童相談所の一時保護が解除されるためには「絶対に子どもの命や人権が守られる」という確証がなければいけないんですよね。

 

児童相談所の一時保護の解除条件はたったの3つと思われるかもしれません。

でも、それぞれについての絶対的な確証がなければ、児童相談所の一時保護は解除されないということになります。

 

もちろん、そのために子どもや保護者と何度も話し合いが行われていくんですね。

また、児童相談所の一時保護が解除された後も、定期的に面談や家庭訪問などで問題がないか様子を見ていくことになっています。

 

スポンサードリンク

児童相談所の一時保護の流れや期間、解除条件のまとめ

児童相談所の一時保護について、その流れや期間、解除条件などをお伝えしてきました。

ただし、報道でもあるように児童相談所の一時保護もまだまだ改善すべき点は多々ありますよね。

 

大事なことは、機械が行なっているわけではなく、人対人のやり取りであるということ。

それに、子どもの成長過程に関わっていくことでもあるので、マニュアル一つでどうにかできることではないんですよね。

 

今後、児童相談所がもっと多くの子どもたちを救ってくれること、そしてさらに児童相談所が必要ない世の中になることを心から願うばかりです。

スポンサードリンク

11 件のコメント

  • 私自身疲れてしまい自ら児相に電話をして
    一時保護をお願いしました。保護理由は私からの心理的虐待疑い。と言われました。
    先週木曜日から離れてしまいいまは後悔の念しか
    ありません。
    必ず帰ると信じています。中2年生なので学校の
    ことが心配です。

    • コメントありがとうございます。

      お辛い気持ち、お察しいたします。
      でも、ご自分から児相に連絡をするって勇気がいることですし、なかなか出来ない事ではないでしょうか。

      それは、ゆーさんが自分自身と向き合い、お子さんを愛しているからこその対応だと思います。
      一度離れたからこそ気づけることもありますし、そのまま我慢して生活しても、さらに後悔することが増えていたかもしれません。

      育て方に正解はない分、どんな親だって内心は不安を抱えています。
      100%自信を持って育てる、なんてあるとしたら、それはおごりではないかと思います。

      親が悩んでいる姿なんて、なかなか子供には見せられないですよね。
      でも、本当は正直に接するのが一番だと思うんです。

      人間同士ですから、親とはいえ間違いもあれば成長もあります。
      きっとお子さんは、お母さんが正直に伝えようとする姿勢から、そのことを理解してくれるのではないでしょうか。

      何も事情を存じ上げない中で、こんな話をさせていただくのは失礼だったかと思います。
      不快な思いをさせてしまうことがありましたら申し訳ございません。

      ゆーさんとお子さんにとって、この先の未来がより良いものとなりますよう心から願っております。

      • コメントありがとうございます。
        読ませていただきわたし自身その通りだと。
        思うことがありました。
        一時保護をされていた娘は4月19日に自宅に
        帰って来ました。
        わたしの実の妹や親戚。今回このような決断を
        したことを知っているママさんから。理解して
        もらえなくてもわたしのしたことは良かった
        ことだったといま少しずつ思いはじめています
        自分から児相に電話をしたことが良かったのか。
        と当初は毎日考えていたけどあの時があって今が
        あると思っています。
        これから少しずつわたしも成長して行きます

        • ゆーさん、娘さんが戻ってこられて本当によかったですね!
          妹さんや親戚であっても、なかなかゆーさんの気持ちをそっくりそのまま、理解するのは難しいかもしれませんよね。

          それに、児相というと、どうしても必要以上にマイナスなイメージを抱く人が多いのかもしれません。
          しかし、それは本当に正しいのか疑問です。

          ゆーさん、大丈夫ですよ。あまりご自身を責めすぎないでくださいね。
          毎日成長されるお子さんとの生活、楽しんでくださいね。

          そんな日々の積み重ねが、「あのとき電話して良かった」につながると信じています。
          ゆーさんと娘さんの笑顔が一つでも増えるように願っております。

  • 息子二人が一時保護になってしまいました。前日の夕食時に、躾として主人が頬っぺたを叩いたそうですが、今朝の登園時には痣はなく。園にお迎えに行ったら、そのまま息子達には会えませんでした。聞くと、長男の頬っぺたに痣があったと通報がありましたと。いきなりのことで、帰宅後は泣き続けました。息子達が帰ってくるのか不安でなりません。早く抱き締めたい。

    • コメントありがとうございます。
      いきなり大切な息子さんたちと引き離されるのは、胸が張り裂けるほど辛いお気持ちだとお察しいたします。

      虐待などが問題となっている中、園の方でも対応を強化されています。
      何か問題があったときに責任も発生するでしょうし、最悪の事態を避けるためには必要なことだったのかもしれません。

      でも、やはりご主人が手をあげてしまったことが事実なのでしたら、「どうしたら二度と手をあげずに済むか」を考えることが先決なのではないでしょうか。
      暴力は幼くて純粋な心を傷つけるだけで、そこからは何も生まれません。たとえ軽く叩いただけであっても、息子さんの心にはショッキングな事実として、一生消えがたい傷が深く刻み込まれてしまうはずです。

      また、そういった行為はエスカレートしてしまいがちです。
      頬っぺたを叩いた、という事実で終わらせずに、「今後の躾を見直さなければいけない機会」ととらえることが必要なのではないでしょうか。

      今のやてんさんは、とても難しい立場であるかと存じます。
      でも、傷ついた息子さんの心を癒してあげること、そしてご主人を見守ってあげられるのは、やてんさんだけだと思います。

      今はとてもお辛い気持ちだと思いますが、まずは感情的にならずに、ご主人と子育てについて心の底からお話しされてみてはいかがでしょうか。

      やてんさんのご事情も分からない中で、このような内容をお伝えしてしまい申し訳ありません。
      もし、やてんさんのお気持ちを傷つけてしまっていましたら、心からお詫びいたします。

      やてんさんとご主人が、自信を持って息子さんたちを迎えに行ける日が早く訪れるよう、心からお祈りしております。

      • コメントありがとうございました。
        子供たちは今月7日に帰って来ました。
        主人とも、叱るべき場面でどうすべきか沢山話し合いました。最善は未だに、わからない時がありますが頑張ろうと思います。

        • コメントありがとうございます。
          お子さんたちが帰ってこられて、本当によかったですね!

          最善はあってないようなものなのかな、とも思います。
          子どもとはいえ、お互いに向き合って理解し合えるまで話し合うことが大切ですよね。

          普段はなかなか時間を取ることができないため難しいことではありますが、前向きに今の時間を楽しむことが一番なのかもしれません。
          ご主人とも手を取り合って、お子さんの成長を慈しみましょう。

          また何かあればコメントで教えてくださいね。

  • 園からの通報ではありませんとだけ、警察から伝えられました。では、誰が通報したのかと…。ろくにママ友等もいないため情報もありません。主人は一応段階を踏んで叱っています。口頭で優しく注意しても聞かなかったら、強めに注意、それでもダメなら、最終的に軽く叩く。何度も、叩くのは子どもが怖がって躾にはならないと私から主人に伝えてはいました。今回の件は、私が下の子供達を入浴させている時の出来事でした。主人も私も、子供達を厳しく躾し過ぎたと猛省しており、主人も、もう手は絶対に上げないと言っていました。返信を頂き、少し気分的には楽なりました。ありがとうございます。子育てについて、心から話せる機会だと捉え、必ず息子達に今までのことを謝罪し、一緒に暮らせる日常を取り戻したいです。

  • 生活保護受けて、持病も持ちの彼女がいるんですが、10歳の息子が今年の1月に一時保護されました。彼女との間には自分との子供もできて
    10歳のコは前に捨てられた父の子です、
    2カ月の延長超えても解除されません
    児相からありもない話しで性的虐待まで
    話がでて、変です。

    自分と、彼女の行き過ぎた喧嘩で息子は拉致られました。
    今は、彼女達と連絡もしないように避けてます。

    • ゆきちさん、コメントありがとうございます。

      大事な彼女さんの息子さんということで、なかなか一時保護が解除されない状況はお辛いこととお察しします。
      直接存じ上げない中で意見をお伝えするのは恐縮ではありますが、児童相談所も状況を確認している段階なのかと思われます。

      お子さんの状態や今後について、責任問題もありますしなかなか児童相談所も次のステップに進めないのもしれませんね。
      待っている側としてはとても時間が長く感じるものですが、こちらからの積極的なアプローチは難しいものですよね。

      そのため、平穏な生活を心がける中で、息子さんを迎える準備を淡々と進めていくのが一番の近道なのかもしれません。
      ゆきちさんご自身もお辛い状況かと存じます。

      しかし、児童相談所から帰ってくる息子さんとの生活を考えつつ、なるべく前向きに過ごすよう心がけてみてはいかがでしょうか。
      たしかに、辛い状況に目を向ければキリがないですが、辛いことに目を向けたからといって状況が好転することは少ないものです。

      時間が解決してくれる部分も少なからずあるかと思いますので、様子をもう少し見ていくのが良いかもしれません。
      何もお役に立てず申し訳ありませんが、また何かありましたらコメントいただけたらと思っています。

      ゆきちさんのあったかい家族の時間が早く訪れるよう、心からお祈りしております。

  • takoblog にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です