介護の夜勤バイトの専従は楽?しんどい?給料や介護夜勤あるあるなどを大公開!

介護で夜勤のバイトといえば、しんどいイメージばかり浮かんできませんか?

でも、介護の夜勤バイトを専従で、という働き方を選んでいる人も、介護業界にはたくさんいるんです。

 

介護夜勤のバイトを専従する人たちは口を揃えて、「介護は夜勤バイト専従で働かないと損!」と話します・・・。

どうして、多くの人がしんどいと言う介護の夜勤を、専従という働き方で続けるられるのでしょう。

 

もしかして、しんどい介護の夜勤を乗り切る方法を心得ているのでしょうか?

ここでは介護の夜勤専従バイトのメリットはもちろん、介護夜勤のデメリットまでメリットに変える方法をご紹介!

 

もしかすると、介護の夜勤バイトの専従以外は考えられなくなってしまうかもしれません。

それでは、介護の夜勤バイトの世界を覗いてみましょう!

 

スポンサードリンク

介護の夜勤バイトを専従で選ぶメリットとは?

介護の夜勤バイトは3K(きつい・汚い・危険)の極みとも言われています。

精神的にも肉体的にもダメージが大きいというイメージが一般的ですよね。

 

でも、中には介護の夜勤バイト専従という働き方にこだわって介護の仕事をしている人もたくさんいます。

なぜ、介護の夜勤バイト専従という形にこだわって、介護の仕事を続けているのか?

 

その理由は、やはり介護の夜勤バイト専従には大きなメリットが隠されているからなんですよね。

さっそく、介護の夜勤バイト専従で働くメリットを見ていきましょう。

 

介護の夜勤バイト専従のメリット①給料UPがすごくて日勤で同時間働くのが嫌になる

介護の夜勤バイト専従のメリットはまず、給料UPがすごいから。

その結果、介護の夜勤バイト以外で働くことを考えられなくなるようです。

 

介護夜勤の勤務時間帯は、だいたい二交代制の場合が多いですよね。

基本的には、17:00〜翌日9:00頃までとなっています。

 

つまり、22時以降の深夜も勤務することになるということ。

この22時以降の深夜に勤務する場合、その時間帯は給料の25%UPが法律で義務付けられているのです。

 

つまり、同じ時間働いていても、介護の夜勤バイト専従ならば時給が通常の25%増という事実!

これがどれだけすごい事なのか、詳しく説明していきましょう。

 

介護夜勤バイト専従でGETできる、通常時給の25%増はこんなにスゴイ!①

 

日勤で同じ時間働いていても、勤務時間を夜勤の時間帯に変更するだけでお給料が25%ほどUPしてしまう介護の夜勤バイト専従という働き方。

たとえば、通常の時給が1000円だったすると、夜勤にするだけで1250円・・・。

 

なんと介護夜勤をするだけで60分間仕事していても、自然と75分仕事をしたことになります。

言い換えると、1時間働くごとに15分間分の給料プレゼントがもれなく付いてくる、ということに。

 

2交代制で介護夜勤を行う場合、勤務時間は約14時間ですよね。

つまり、時給が1,000円だとしたら、通常時給の25%増では時給が1,250円となるため、

 

250円 × 14 = 3,500円

 

なんと一回夜勤バイトに入るだけで、3,500円も多く稼ぐことができるんです。

これは、日勤なら3時間分以上のお給料がプレゼントされているのと同じことなんですよね。

 

逆に言えば、日勤なら同じ給料を稼ぐために3時間働かなくてはいけません・・・。

あなたはこの事実をどう受け止めるでしょうか?

 

介護夜勤バイト専従でGETできる、通常時給の25%増はこんなにスゴイ!②

 

①と同様に、通常の時給が1,000円だとした場合。

10万円稼ごうと思ったら、単純計算でも時給が1000円の場合は100時間かかりますよね。

 

でも、それを夜勤バイト専従に変更するだけで、なんと80時間で10万円稼げてしまうんです!

単純計算ではありますが日勤の介護を夜勤専従にするだけで、同じ10万円金額を稼ぐのに20時間も差があるんです。

 

つまり、約1日分、労働時間に差があるのに同じ金額を稼ぐことができるということ。

スゴイですよね!

 

つまり、日勤で8時間勤務だとすれば、10万円稼ごうと思ったら12回くらい勤務が必要です。

しかし、これが夜勤バイト(14時間勤務)だった場合・・・、7回ほどで稼げてしまう。

 

ここまでくると差が明らかですよね。

なんと約5回分も勤務回数を減らすことができるんです。

 

週休2日とすれば、夜勤バイト専従にするだけで10万円稼ぐのに一週間ほど少ない労働で済んでしまうんですね。

これはかなり大きい差といえるのではないでしょうか?

 

何だか、普通に日勤で働いているのがバカらしくなってきてしまいますよね・・・。

 

そして、介護の夜勤バイト専従の給料UPのすごさはこれだけではありません!

なぜなら、「夜勤手当」をつけている介護施設が多いからです。

 

この夜勤手当の金額は介護施設によって異なりますが、相場は一回の夜勤で5,000円ほど。

つまり、深夜労働の25%増し分と夜勤手当を含めれば、一回の夜勤バイト勤務だけで1万円ほど日勤との差が出てくるんです!

 

ここでは分かりやすいように時給を1,000円として計算しました。

しかし、この時給は勤務年数が長かったり資格があれば高単価の時給になってきます。

 

そうなれば、深夜労働の25%増しもその分増えますし、さらに夜勤バイト専従と日勤との給料の差が広がりますよね!

 

中には、月10回ほどの介護の夜勤専従で30万円ほど稼ぎ出すことも夢ではありません。

このように、介護の夜勤バイト専従という働き方を選択するだけで、勤務時間などは日勤と変わらなくても高収入を得ることができるということ。

 

これだけでも介護の夜勤バイト専従を選ぶのに十分すぎるほどのメリットだと思いませんか?

しかし、これはまだ介護の夜勤バイト専従のメリットの1つ目に過ぎません。

 

さっそく、次の介護の夜勤バイト専従のメリットを見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

介護の夜勤バイト専従のメリット②夜勤バイトなら日勤に比べて自由な時間が多くとれる

介護の夜勤バイト専従で働くと、2交代制の場合は2日間働くことになりますよね。

すると、夜勤明けの翌日は丸一日休日ということになります。

 

これはどういう事かというと、まとめて働いた分まとめて休めるということなんです!

つまり、夜勤バイト専従で働いた場合、夜勤は朝9時頃には上がることができるということ。

 

そして、まとめて丸二日間(もしくはそれ以上!)お休みを取ることができます。

もちろん夜勤明けですから、ゆっくり休んで体力を回復する時間も必要ですよね。

 

でも、まとまった休みが取れるということは、連休がなかなか取れない介護の仕事にとってはとても貴重ではないでしょうか?

48時間以上も「どう過ごしたって自分の自由!」という時間を作れるのは、夜勤バイト専従で働くことの大きなメリットと言えるでしょう。

 

日勤で介護の仕事をしている場合には、なかなかこのようにまとまった自由な時間を取ることは難しいですよね。

休日はもらえて1日でしょう。

 

それに、だいたい1日の休みなんて普段の疲れを取るために消耗するだけ。

基本的に、寝て少し用事を足したら終わりです(笑)。

 

日勤の休日では、頑張って普段できない掃除をしてみたり、絶対終わらせなければいけない用事や通院、銀行や役所に行くなど。

出勤日にはできない用事を済ませるのが精一杯ですよね。

 

だって、休みはたった1日ですから!

次の日はまた仕事ですからね。

 

趣味や遠出などは逆に疲れてしまうので、なかなかアクティブな事をするのはたった1日の休日では勇気が必要です。

しかも夜勤バイト専従として働けば、毎回まとまった休日をもらえますよ。

 

1回夜勤バイトを頑張れば、長時間の自由を手にできるのです。

夜勤バイト専従なら、次の日のことを考えずに寝たいだけ寝て・・・。

 

起きてもまだまだ時間があるので、思いつきで行ってみたかったカフェに立ち寄ってみたり。

夜勤バイト明けのまま趣味や旅行に出かけたり、遠出をしてフェスに出かける方もいるほど・・・。

 

自由な時間が長ければ、どんな使い方だってできますよね。

これなら介護の仕事のストレスも普段から解消できますし、仕事に左右されず自分らしい生活を送ることができます。

 

日中、多くの人が汗水垂らして働いている間、ゆっくりと過ごすことができるなんて贅沢だと思いませんか?

もちろん、その分頑張って夜勤をこなしているわけですからね。

 

高い時給で働きながら、しっかり充実した休日も過ごすことができる・・・。

まさに夜勤バイト専従ならではの特権と言えるでしょう。

 

介護の夜勤バイト専従のメリット③夜勤バイトに求められる介護は決まっている

介護の夜勤バイトでは、やるべき仕事が決まっているのも楽な理由です。

日勤の介護では、毎日の介護のレクリエーション内容に頭を悩ませたり、会議があったり、季節のイベントを考えなければならなかったり・・・。

 

ただ介護をやっていれば良いという訳でもありません。

意外にも、介護以外の部分が面倒だったり大変と感じて悩んでいる方も多いのです。

 

でも、言うまでもなく、介護の夜勤バイト専従という働き方であれば、そういった「わずらわしさ」を感じることはありません。

だって、介護夜勤バイトの仕事は基本的に、やらなければいけないことは決まっていますから。

 

それを時間に合わせて淡々と行えばミッションはクリアです。

介護施設の利用者の方の要介護度などにもよりますが、基本的には食事や排泄の介助、巡回や見守りなどを行うことが基本。

 

夜にしっかり睡眠を取ってくれる利用者の方が多ければ、仕事内容も少ないため、逆に暇つぶしをするのが大変!という場合もあるのです。

 

暇つぶしを考えるって・・・どれだけ楽なんでしょう(笑)。

昼にしんどい思いをしているのが切なくなってきますよね。

 

高いお給料をもらいながらまとまった休日もあって、なおかつ仕事がラクとは!

介護の夜勤バイト専従はなんて素晴らしい働き方なんだと思ってしまいますよね。

 

ただし、これを実現するためには、どんな介護施設で働くか?というのはとても重要です。

一人で夜勤を任せられるような介護施設では、やはり夜勤が大変なのが目に見えていますよね。

 

そのため、どんな介護施設で夜勤バイトをするか?選ぶことが大切になってきます。

また、介護の夜勤バイト専従は、日勤に比べると人と関わる時間も少ないのが特徴的。

 

日勤の介護職員との引き継ぎなどは必要ですが、利用者の方とのコミュニケーションなどは決まった介護を通して行うのみなんですよね。

そのため、濃厚なコミュニケーションの中での介護などはちょっと面倒、といった方にも夜勤バイト専従という働き方は向いているといえるでしょう。

 

介護の夜勤バイト専従のメリット④夜勤バイトの働き方は自由!!

介護の夜勤バイト専従という働き方は、はっきり言って自由です。

先ほど、夜勤バイト専従ならば高収入を得ながら自由な時間もしっかり持ち、なおかつ仕事内容もそれほど大変ではない、というお話しをしましたね。

 

ただし、そのためには一点、「どんな介護施設で働くか?」が重要だというお話もしました。

やはり一人夜勤を任せられるような介護施設では仕事がきつく、つらい思いをしてしまうことがあるからです。

 

しかし、それでも、夜勤バイト専従ならば働き方は自由です。

なぜなら、介護の夜勤専従バイトは正社員よりも退職しやすいから!

 

引き止めされることも正社員より断然少ないのです。

合わない介護施設だな、と感じたら辞めやすいという面もあります。

 

また、週一の夜勤バイト専従、週末のみの夜勤バイト専従・・・などなど、自分にあった働き方をすることができるんですね。

実際、週一の勤務でも募集している介護施設は結構あります。

 

つまり、本業以外の副業としての働き方など、夜勤バイト専従なら自分の生活に簡単に組み込んで収入UPを狙えるわけですね。

また、夜勤専従バイトのメリットはこれだけではありません!!

 

ここだけの話ですが・・・、これだけメリットの多い夜勤バイト専従ですが、なんと求人は穴場なのです。

驚く方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、介護の仕事は女性が多いこともあり、これだけメリットが多い夜勤バイトでも避けられる傾向にあるのです。

確かに、人が寝ている間に働かなければならない、といったことはデメリットに当たるかもしれません。

 

しかし、全て自分の望んだ条件が揃った仕事なんて、なかなかないものです・・・。

逆に夜勤バイト専従は、日勤で働いていては得ることができないメリットが山ほどついたお得な仕事とも言えるんですよ。

 

勤務時間帯さえ我慢すればそれ以外の全てはお望み通り、といっても決して過言ではないでしょう。

これだけメリットの多い介護の夜勤バイト専従、とても魅力的だと思いませんか?

 

採用もされやすい穴場ときたら、チャレンジしない手はないですよね!

でも、もしかしたら夜勤バイト専従のデメリットが気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

実は、とてつもなくしんどいのではないかとか・・・。

でも、夜勤専従バイトのデメリットをメリットに転換する方法があるんです。

 

これであなたも迷うことなく、夜勤バイト専従を始めることができますよ!

 

スポンサードリンク

介護の夜勤バイト専従の「3つのデメリットあるある」をメリットに変える方法

介護の夜勤バイト専従でも、少ないながらにデメリットは存在します。

先ほどもお伝えした通り、メリットだけの仕事なんて逆に存在しないですものね。

 

でも、そんな数少ないデメリットのあるあるでさえも、メリットに変えてしまう方法があるのです!

 

介護の夜勤バイト専従のデメリットあるある①夜勤専従のリズムに慣れるまでが大変

介護の夜勤バイト専従で、一番のデメリットといえば、そのリズムに慣れることかもしれません。

やはり、普通の人が休んでいる時間帯に仕事をするわけですから、あるあるですよね。

 

しかし、これは夜勤専従バイトならではの特権を利用すべきです。

つまり、日中はしっかり休息できるため、日夜は逆転しやすいですが、ある意味規則正しい生活を送ることができる。

 

確かに、日勤メインで夜勤もあるという変則的な働き方であれば、体調を崩しがちです。

ですが、夜勤バイト専従であれば、休日が長く設けられていますよね。

 

もし、かなりの疲れを感じていたとしても休日の間に夜勤の疲れをしっかり取ることに専念できるというわけです。

 

介護の夜勤バイト専従のデメリット→メリットに変える方法

 

確かに、夜勤専従バイトはそのリズムに慣れるまでは大変!

勤務日に日夜が逆転する分、それ以外の部分で健康面や体調管理の意識を高められる機会だととらえよう!

 

確かに夜勤バイト専従という働き方は、一般的な働き方と比べると特殊であることは間違いありません。

しかし、それ以上に自分の健康面を気づかうタイミングだととらえれば良いのです。

 

たとえ日勤でも、だらしない生活をしている人よりはずっと健康的に過ごすことができますよ。

まずは、夜勤バイト専従で一番慣れにくい睡眠について、質を高められるように以下を参考にしてみてくださいね。

 

夜勤バイト専従で悩みがちな、睡眠の質を高める方法

 

  • 日中の光が気になって眠れない場合には、遮光カーテンやアイマスクをつけることがおすすめ。

また、特に夏場などは昼過ぎには気温が上がって眠りにくくなりますよね。

 

このような場合には、一旦起きてしまうのも1つの手です。

夜に安眠しやすくなるので、翌日の休日も充実して過ごすことができますよ。

 

  • 眠りにつく前に、少し熱めのシャワーやお風呂に入るようにしましょう。

人間の身体は、体温が下がる時に眠気を感じやすくなります。

 

そのため、眠りにつく前に少し体温を上げておくと、布団に入る頃には体温が通常に近づくために下がってきますよ。

そうすることで眠気を誘導できるほか、リラックス効果もあり、眠りにつきやすくなります。

 

  • なかなか眠りにつけない時は、一旦起きて水分補給をしてみるのも得策です。

眠れないからといって、テレビやスマホを見ていると逆効果。

 

さらに眠れなくなるのでやめましょう。

 

そのほか、夜勤バイト専従は求人が穴場ということも利用すべきメリット。

採用されやすい点を活かして休憩時間にしっかり仮眠を取れる介護施設を選ぶようにしましょう。

 

なお、夜勤の人数が少ないところでは、休憩をしながら呼び出しにも対応しなければならない場合もあります。

そのような点も事前の面接で、しっかり確認をしておきましょう。

 

介護の夜勤バイト専従のデメリット②家族との時間が取りにくい

介護の夜勤バイト専従という働き方は、家族との生活に支障をきたす場合があります。

たとえば、もしあなたがお母さんで、小さい子どもを育てながら介護の夜勤バイト専従をする場合。

 

そんなときは、必ず何かしらのサポートが必要となってくるでしょう。

家族と同居しているならば夕方から朝にかけて、その家族にサポートをしてもらうことが必要になるかもしれません。

 

また、シングルマザーであなたと子供だけで暮らしている場合は、24時間対応の保育室を利用したり、シッターを頼むなどのサポートを受ける必要があります。

もしかしたら、これらの案はあまり現実的でない、と感じるかもしれません。

 

また、そのために介護の夜勤バイト専従をあきらめるべきでは、と考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、そこは考え方次第です。

 

介護の夜勤バイト専従のデメリット→メリットに変える方法

 

確かに、小さい子どもを育てながら介護の夜勤バイト専従は大変!

でも、夜いない分、丸2日はずっと一緒に居られる。

もし夜勤専従バイトをしている間にサポートを受けられる環境にあるのなら、好待遇の夜勤専従バイトを諦める必要はない!

 

夜勤バイト専従は先ほどもお伝えした通り、一晩働くことで約二日分お休みをもらえます。

つまり、その間は、ずっとお子さんと一緒にいることができるということ。

 

もちろん、夜勤バイト専従をしている時間帯は、誰かにサポートをしてもらわなければならないことは確かです。

しかし、シングルマザーであなたと子供だけで暮らしている場合で、近くにサポートしてくれる人がいない場合でも、あきらめることはないでしょう。

 

もし、引っ越すことでそのような環境になるのであれば、ぜひ検討してみてください。

幸い、夜勤バイト専従は求人が穴場ということもあり採用されやすいメリットがあります。

 

他の職種に比べると、新しい環境でも仕事が見つけやすい可能性が高くなりますよ。

それに、子供は親と離れている間に自立して成長するといわれています。

 

確かに、夜勤バイト専従をしている一晩は寂しい思いをさせるかもしれません。

でも、そのあとの丸二日を使って、じっくり愛情を与えることができれば・・・。

 

その夜の寂しさも意味があるのではないでしょうか。

また、家族のサポートが受けられる場合は、ぜひお願いしてみましょう。

 

子供にとっても、あなた以外に頼れる人を見つけることはプラスになります。

大好きなお母さんと一緒に眠れないことは寂しいでしょうが、そのあと丸二日ずっと一緒に居られることを伝えましょう。

 

介護の夜勤バイト専従のデメリットあるある③介護の夜勤専従は正社員雇用が難しい

介護の夜勤バイト専従では、正社員雇用されることが難しい、というデメリットあるあるがあります。

なぜなら、介護の仕事は、日勤で働きたい人はそれなりにいても、夜勤は無理です、という方は少なからず多いから。

 

だから、どうしても足りない夜勤分はバイトや派遣などで募集するケースが多くなります。

でも確かに、正社員でないということは安定せず、将来的にも不安を感じてしまうかもしれませんね。

 

しかし、果たして正社員が絶対的に優遇されていると言えるのでしょうか?

先ほどからお話ししている通り、夜勤バイト専従では日勤よりも(場合によっては正社員よりも)高収入を得ることができます。

 

また、休日出勤などもあり得る正社員に比べたら、まとまった休日が取れる夜勤バイト専従は天国のようですよね。

おまけに、あなたにあった好きな働き方を選ぶことができて、合わないと思ったら退職もしやすいのです。

 

そして、求人・採用もされやすい夜勤バイト専従。もしかして、正社員よりも良い立場なのでは・・・?

 

介護の夜勤バイト専従のデメリット→メリットに変える方法

 

確かに、夜勤バイト専従は正社員雇用が難しい!

正社員雇用という言葉にだまされてはダメ!

圧倒的に自由なのは、夜勤バイト専従だということに気づいて!

 

確かに、正社員であればボーナスなどの臨時収入が期待できるかもしれません。

しかし、ボーナスの額などは介護施設によって金額が変わるものの、介護職員にとってはそこまで魅力的な金額でない場合がほとんどです。

 

それよりも、夜勤手当や深夜勤務の25%増し分を確実にGETした方が、総合的に見たらボーナス分より多かった、ということも・・・。

 

それでも、退職金は正社員の方が多いのでは?と考える方もいるでしょう。

しかし、退職金共済などではバイトでも退職金を受け取ることも可能です。

 

また、介護施設によって取り決めが異なるためため、正社員でも退職金の望みが低い可能性もあります。

 

介護の夜勤バイト専従は、これ以上オイシイ働き方はないと断言できるほど好待遇の仕事。

それが退職金は正社員の方が多いかもしれない、という点だけで諦めるには正直、勿体なさすぎると思いますよ。

 

スポンサードリンク

介護の夜勤バイト専従は楽?しんどい?給料やあるあるのまとめ

介護の夜勤バイトを専従で働く、という働き方。

楽かしんどいか、と聞かれれば、楽だと思います。

 

というのも、給料やデメリットあるあるを比べると、絶対的にメリットの方が多いからですね。

あなたもぜひ、介護の夜勤バイトを専従で働いてみることをおすすめします!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です