スマホ難聴の対策や予防,治し方!症状や原因,イヤホン音量でどう防ぐかを解説!

スマホ難聴という言葉をご存知ですか?

スマホ難聴とはスマホで大音量で音楽を聴いたり、動画を見たりすることで起こる難聴のこと。

 

実は、若者を中心に11億人もの人が難聴の恐れがあるとWHOが警告を出しています。

スマホで難聴になるなんて今まで想像もしていなかったし、本当に怖いですよね。

 

そこで、スマホ難聴を予防する方法や効果的な治し方をご紹介していきます。

スマホでよく音楽を聴いている、というあなたは必見ですよ!

スポンサードリンク

スマホ難聴の対策や予防は症状や原因のチェックから!イヤホン大音量が聴力に与える影響とは?

スマホ難聴を対策・予防していくためには、まずは「なぜスマホ難聴になるのか?」という原因を知ることが大切です。

また、スマホ難聴による症状もあらかじめチェックしておくこと。

 

というのも、なぜスマホで難聴になるのか?スマホ難聴はどんな症状があるのか?理解していなければ、対策を立てたり予防することは難しいですよね。

そして結論から言えば、なぜスマホ難聴になるのかというと、その原因はイヤホンを使って大音量を耳に流し込むからなのです。

 

そう、スマホとイヤホンを使って大音量の音楽などを聞くと、耳の奥にある細胞が破壊されてしまうんですね。

少し難しい話をすると、大音量を聞いていると鼓膜の奥にある内耳という部分にある「うずまき管」の細胞が壊れてしまう。

 

この細胞は一度壊れてしまうと、なかなか元に戻らないと言われています。

そのため、スマホとイヤホンで大音量を聴いていると、スマホ難聴になってしまうということ。

 

 

よくライブなどで爆音を聞いている歌手が突発性難聴になってしまったとニュースを見かけたことがあるかと思います。

私たちも、スマホと高性能なイヤホンを手に入れたおかげで、実は爆音のライブ会場と同じ状況を手に入れているんですよね。

 

そして、知らず知らずのうちに、耳が遠い若者が増えていく・・・。

なんと残酷なことでしょう。

 

また、スマホ難聴の主な症状としては、

  • 耳鳴り
  • 耳が詰まった感じがする
  • 耳の奥がじんじんする
  • 小さい音が聞こえづらい

などが現れるようになります。

 

しかし、スマホ難聴の初期にはあまり症状を実感できないのも怖いところ。

つまり、スマホ難聴になっていても気づけず、さらに聴力にダメージを与えてしまうということなのです。

 

若者なのに軽度とはいえ難聴や耳鳴りで悩まされたり、補聴器をつけるのは避けたいですよね。

そんなスマホ難聴の症状を避けるには、予防や対策をしていくことが大切です。

 

そう、今からでも遅くはありません!

スマホ難聴を予防するために、今すぐできることを始めていきましょう。

スポンサードリンク

スマホ難聴予防対策のチェック!どう防ぐかはイヤホン音量がカギ!

 スマホ難聴を予防・対策するために、まずは何をすべきなのでしょうか?

その答えは、現時点で難聴でないか?をチェックすることです。

 

というのも、自分自身ではなかなか「スマホ難聴かどうか」って気づくのが難しいんですよね。

それに、もし既にスマホ難聴であった場合、予防策ではなく治し方を考えなければいけなくなります。

 

今の自分に必要なのは、スマホ難聴の予防なのか?治し方なのか?を知るためにも、まずは難聴チェックが大事。

具体的には、以下の項目でスマホ難聴かチェックしてみましょう。

スマホ難聴チェック

  • 最近、テレビの音が聞き取りにくくなった
  • テレビを見るときに、なんとなく音量を上げてしまう
  • 会話の中で、聞き返すことが多くなった
  • 数人で話しているときに、自分だけうまく聞き取れていないことが多い

 

いかがでしょうか?

もし、このような症状に当てはまるようであれば、スマホ難聴である可能性が高いでしょう。

 

 

その場合は、予防策よりもスマホ難聴の治し方を先に確認することをおすすめします。

しかし、スマホ難聴チェックに当てはまらなかった方も、これで安心して良いというわけでは決してありません。

 

今後もスマホ難聴にならないように、予防をしていくことが大切ですね。

特に、スマホ難聴対策や予防として重要なのは、イヤホンの音量をチェックすることです。

 

これについて具体的に、くわしく見ていってみましょう。

 

スポンサードリンク

スマホ難聴は治る?治し方とWHOの見解、聴力回復のコツとは?

 スマホ難聴の治し方とは?治ることは可能なのでしょうか?

WHOの見解としては「一度失った聴力は戻らない」と警告しています。

 

また、WHOは若者を中心にスマホ難聴になるリスクは50%としているんですね。

つまり、若者の2人に1人はスマホ難聴の恐れがあるということ。

 

これは、スマホ難聴がまったくの他人事ではないということを意味していますよね。

あなたはお祭りなどで、太鼓を太いバチで叩いている人の近くにいたことがありますか?

 

そういう場面では、音が響いてきてお腹が痛くなることがあるんです。

音というのは震動ですよね。

 

だから、言ってしまえばスマホ難聴とは、耳の細胞を震動によって叩いているようなイメージ。

つまり、スマホ難聴というのは、耳が大音量によってダメージを受けている状態なんです。

 

 

いうまでもなく、イヤホンを使ってわざわざ大音量を耳の奥に直接流し込んでやるような行為は、どんどんスマホ難聴を悪化させてしまいます。

ですので、絶対に避けるようにしましょう。

 

また、WHOが示しているスマホ難聴対策がこちら。

スマホ難聴を予防する方法

  • 80デジベルの音量(大声で話すくらいの音量)を聴くときは、1日に1時間程度・週に40時間までにする
  • 普段は60デジベルくらいの音量(人が普通に会話する時の音量)を聴くように心がける
  • なるべく爆音を聴く環境は避ける
  • 聞き取りやすい音量も大切だが、小さい音量でも耳を傾けて聴くようにしてみる

このようなWHOが示す予防対策を心がけていくことが、スマホ難聴の予防には大切です。

 

つまり、なるべく耳に負担をかけない音量を聴くようにすることを心がけるべきですね。

今では、通勤や通学のお供に欠かせなくなったスマホと音楽。

 

ですが、スマホでイヤホンを使って大音量で音楽を聴いていると、周りの音も聞こえずに事故につながることも多いものです。

そんな中でも、少し控えめに楽しむようにするだけでも、スマホ難聴の予防につながってきますよ。

 

また、そのような心がけをすることで、スマホ難聴が改善されることもあります。

つまり、聴力回復のためには、大音量を聴く環境を避けることが一番。

 

スマホ難聴の治し方ためには、なるべく静かな環境を作ること。

時には、耳栓などを使うのもおすすめです。

 

人工的な音というのは、どうしても耳にはダメージを与えやすいもの。

出来るだけ大きな音を聴く環境は避けて、耳を休ませるようにすることが聴力回復には大切ですね。

 

スポンサードリンク

スマホ難聴の治し方3選!どう防ぐ?耳にいい食べ物やサプリ、マッサージを実践!

スマホ難聴をどう防ぐか?

スマホ難聴の対策や予防、治し方として、最後に3つの方法をご紹介していきます。

 

前章でお伝えしたことを実践しながら、その上で参考にしてみてくださいね。

 

スマホ難聴の治し方①耳にいい食べ物を食事に取り入れる

スマホ難聴の治し方として、耳にいい食べ物をご紹介していきます。

ただし、繰り返しになりますが、これだけでスマホ難聴が治る、というものではないので注意してくださいね。

 

  • かぼちゃ・・・ビタミンが豊富で、内耳の構造を保護しやすくなる
  • 乳製品・・・カルシウムが多く、耳に悪影響を与えるストレスを軽減してくれる
  • りんご・・・リンゴに含まれるカリウムが、耳が音を集めるのを助ける

 

※そのほか、タバコやコーヒーなどはスマホ難聴を悪化させることがあるので控えるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

スマホ難聴の治し方②聴力を回復しやすいサプリを取り入れる

スマホ難聴の治し方としておすすめなのは、聴力回復の一助となるサプリを取り入れること。

特に、蜂の子サプリが聴力回復には良いとされています。

 

蜂の子はローヤルゼリーを食べて成長するため万能食材とも言われ、タンパク質からビタミンまで豊富に含まれています。

しかし、蜂の子は希少ですし、入手が難しいこともあってなかなか市場に出回ることはありませんよね。

 

そんな蜂の子ですが、サプリであれば手軽に聴力回復に良い習慣を始めることができます。

スマホ難聴の聴力回復に、今すぐできることの一つとして、サプリを取り入れてみると良いですよ。

ハチの子を選ぶなら含有量が決め手【リアルメイトのハチの子800+】

 

スマホ難聴の治し方③聴力回復マッサージ

スマホ難聴の治し方として、聴力回復につながるマッサージを取り入れるのもおすすめ。

手軽にできる聴力回復につながるマッサージをご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

  • 耳のツボ押しマッサージ・・・親指と人差し指で、耳のツボを軽く押すようにマッサージします。耳にはたくさんのツボがあり、それらをほぐすようにすると効果的です。
  • 耳をひっぱるマッサージ・・・耳を上下左右に軽くひっぱるようにすることで、血行を良くしていきます。聴力回復に、血行を良くすることは欠かせません。
  • 深呼吸と頭のマッサージ・・・深呼吸をしながら、頭を軽くマッサージすることで難聴には悪影響を与えるストレスを軽減していきます。

 

スポンサードリンク

スマホ難聴の予防法と治し方まとめ

スマホ難聴の予防対策と治し方をお伝えしてきました。

ここまでを少し整理してみましょう。

 

スマホ難聴を予防するために大切なのは・・・、

  • イヤホンで大音量を聴くことは避けるのが基本
  • どうしても聞きたいときは、1日1時間まで
  • イヤホンの音量の目安は、会話するくらいの音量にする

 

そして、スマホ難聴の治し方として聴力回復に良いのは・・・、

  • 静かな環境で、耳を休ませるようにする
  • 耳にいい食べ物を食べるようにする
  • 聴力回復につながるサプリを取り入れる
  • 聴力回復につながるマッサージをする

 

これらが、スマホ難聴の予防法と治し方のコツです。

スマホ難聴になると生活しづらくなりますし、本当につらいもの。

 

スマホで音楽や動画を手軽に見られるのは良いことですが、それと引き換えにスマホ難聴になるなんて受け入れられませんよね。

耳を大事にすることも、これからもっと意識していきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です